トップページ > 最新情報 > 次世代iPhoneはディスプレイに触れずに操作可能に?Appleが新特許取得

読了まで 151

次世代iPhoneはディスプレイに触れずに操作可能に?Appleが新特許取得

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone3Dpatent
 
Appleがスクリーンに触れずにジェスチャーで認識させる技術に関連する特許を取得しました。

iPhoneをジェスチャーで操作?

Appleは2013年11月、ジェスチャーを認識するセンサーを開発するイスラエルのPrimeSenseを買収しましたが、今回同社の技術に関連する、3Dジェスチャーインターフェースの特許を取得しました。9to5Macが報じています。
 
特許は「ユーザーが物理的にディスプレイに働きかけなくても(触れるなど)、内蔵センサーがデータをもとに自動的に判断し、3Dディスプレイ環境の投射映像を表示する」という内容のようです。
 
たとえばiPhoneのディスプレイに直接触れなくても、ディスプレイに向かって手を動かすなどの動作をすると、内蔵センサーがその動きを認識し、コンテンツを表示するといった仕組みです。

次世代iPhoneは3D表示可能となるか

最近では、次世代iPhoneにはメガネを使用せずに3D表示できるディスプレイを搭載するとの報道もあり、次のiPhoneではこうした3D関連の機能が盛り込まれるかも知れません。
 
またAppleは、PrimeSenseが取得していた、3Dマッピングの投射方法に関する技術の特許を再取得しました。
 
PrimeSenseはAppleに買収される前、MixrosoftのXbox 360向けのKinectセンサーや、Kinectによく似たASUSの3DモーションセンサーXtion、その他タブレットやスマートフォンにも組み込める小型モーションセンサーCapriなどを開発しています。

  
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : lunatic

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる