トップページ > 最新情報 > アップル、Google検索の利用契約が間もなく終了、検索エンジンを変更か

読了まで 229

アップル、Google検索の利用契約が間もなく終了、検索エンジンを変更か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Google
MacとiPhoneやiPadなどiOS機器上のSafariで、デフォルトの検索エンジンとして利用されているGoogleの契約が2015年初めに終了することになっており、アップルが引き続きGoogleを採用するのか、他の検索エンジンを採用するのか、動向に注目が集まっています。

YahooそれともMicrosoftに変更か

Googleとの契約を終了する場合には、YahooかMicrosoftに可能性があるのですが、アップルのインターネットソフトウェア&サービスを担当する上級副社長Eddy Cue氏がGoogleとの契約を終了する場合の代替候補であるYahoo、Microsoftと既にコンタクトを取っている、とニュースサイトThe InformationのAmir Efrati氏が述べています。また、Cue氏は「サービスの品質はもちろん重要だが、検索広告による売上がどれくらいになるかも同じように重要だ」と発言しているようです。

Siriでは既にBingを採用

昨年、アップルはiOS7のリリースの際に、バーチャルアシスタントのSiriの検索エンジンを既にGoogleからMicrosoftのBingに変更しています。ただし、ユーザーは「Googleで検索して」とSiriに話しかければ、引き続きGoogleを利用することが可能です。
 
YahooのCEO(最高経営責任者)であるMarissa Mayer氏は今年初めに、アップルにiOS上の検索エンジンでGoogleを使用するのを止めて欲しいと発言していました。また、同氏は最近Mozillaと契約を締結し、Firefoxブラウザー上でYahooがデフォルトの検索エンジンとして採用されました。

アップルのGoogle離れはさらに進むか

一方、アップルは、これまでiOS上で標準として提供してきたGoogleのサービスを徐々に減らしてきています。例えば、Googleマップは以前はiPhoneの標準のマップアプリでしたが、2012年からはアップルが自社で開発したマップアプリが標準となっています。また、YouTubeはiOSのネイティブアプリではなくなりました。
 
2010年、MicrosoftはBingをiPhoneのデフォルトの検索エンジンにするようアップルと交渉していると伝えられていましたが、結局はユーザーは好みに応じてYahoo、Bing、DuckDuckGoに設定できるように変わっただけで、デフォルトの検索エンジンは依然としてGoogleのままでした。
 
アップルとGoogleとのあつれきは、Googleがスマートフォン市場に参入し、さらにはiPadに対抗するタブレットを投入することでさらにエスカレートしてきました。アップルの共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏はかつて、Googleが開発したAndroidに非常に立腹し、「盗作だ」というほど非難しており、Androidを駆逐するためには核戦争を仕掛けるとまで公言していました。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top