トップページ > iPhone6s > 今から気になるiPhone7の噂!デザインは?機能は?

読了まで 348

今から気になるiPhone7の噂!デザインは?機能は?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

「iPhone8」のコンセプトデザイン
 
9月にiPhone6/6 Plusが発売されたばかりですが、早くも気になる次モデル「iPhone7」に関する噂をイギリスのMacworldが報じています。

発表は2015年9月?年2回発表の噂も

iPhone6の発売から2ヶ月ほどしか経っていませんが、ベゼルをなくした「iPhone7」や、美しい曲線に包まれた「iPhone8」のコンセプトデザインが相次いで公開されるなど、早くも新モデルへの期待が高まりつつあります。
 
iPhone7 「ナローベゼル」
 
気になる次モデルの発表時期ですが、ここ数年のiPhoneシリーズの発表スケジュールから考えて、次モデルは2015年の9月に発表・発売されると考えてよさそうです。
 
一方、これまでの年1回の発表から、ライバルであるAndroid陣営に対抗するため、新モデルを年2回発表し、ユーザーの注目度を高く保つ戦略に転換するのではないか、との見方もあるようです。

iPhone6の次は6sではなく7?

名称ですが、3G→3GS→4→4S→5→5s/5c→6/6Plusという変遷を踏襲すれば、2015年には「iPhone6s」が発表されると考えられます。しかし、Macworldは末尾に「s」をつけるネーミング慣習はユーザーに否定的に受け取られつつあり、新しさを感じさせるため、2015年に「iPhone7」が発表される可能性があると伝えています。
 
「iPhone8」のコンセプトデザイン
 
また、iPadにならって「iPhone Air」というネーミングの可能性も考えられます。

ディスプレイは現状キープ、チップとOSは順当に進化

iPhone7では、iPhone6の4.7インチ、iPhone6 Plusの5.5インチのディスプレイサイズからこの先1、2年は変更されないと見られています。
 
iPhone6発表前に噂になった、カメラの画素数の向上やワイヤレス充電はiPhone6/6Plusでは実現していませんが、iPhone7で採用される可能性はあります。ちなみに、Apple Watchには新方式の充電システムを採用しています。
 
プロセッサはA9チップに進化し、iOSは「iOS9」にバージョンアップすると考えてよさそうです。

デザインは現状維持?まさかの側面ディスプレイ?

iPhoneシリーズは、2年ごとに外観デザインを変更しています。iPhone6/6Plusでは、薄く、丸みを帯びたデザインに大幅変更されたばかりであることから、iPhone7もこのデザインを引き継ぐと考えられます。
 
Macworldは、アップルがiPhone7でデザインを変更するとしたら、本体サイズをiPhone6より厚くして、「サイドウォール・ディスプレイ」を採用するのではないかと伝えています。
 
本体側面にディスプレイを装備した端末は、すでにサムスンが「GALAXY Note Edge」で採用し、CMで「彼らが、追いかけてきた」「また、追いかけてくるだろう」とiPhoneに対する先進性をアピールしています。アップルが側面ディスプレイを採用すれば、まさにサムスンを追いかける格好となりますが、どうなるのでしょうか。
 

サファイアやリキッドメタルなど新素材を採用?

本体の材質に、サファイアガラスや、「究極の金属」と言われるリキッドメタルが採用されるとの噂も以前からあります。
 
サファイアガラスは非常に割れにくい素材であることから、ディスプレイ用には最適の素材と見られています。しかし、アップルのサファイア製造パートナーであるGT社が倒産したことで、低価格での大量供給は厳しくなったとも言われています。
 
リキッドメタルは非常に強くしなやかな素材であることから、iPhoneを大画面化しつつ、強度を保って軽量化するために筐体の一部に採用される可能性があります。
 
iPhone7コンセプトデザイン
 
また、「iPhone7」のコンセプトデザインにあったような、画面縁のベゼルをなくしたデザインも、画面を大きく、本体は小さくするために採用される可能性がありそうです。
 
そのほかに、Apple Watchで採用された指の圧力を検知するディスプレイがiPhone7で採用されることも考えられます。

新型充電器や顔認識の採用も?

iPhone6の発表が近づいた8月頃、iPhone6に高速充電に対応し、USB端子がどちら向きでも利用可能なAC充電器が採用されるとの噂が流れました。
 

 
結局、iPhone6には採用されませんでしたが、USB端子の向きを気にしなくて良いのは便利ですので、iPhone7での採用に期待したいところです。
 
Macworldは、アップルが取得した特許から考えられる「顔認識でのロック解除」や、「画面全体で指紋認識することでホームボタンを廃止して画面を大型化」といった可能性も伝えています。

日本のユーザーとしては気になるSIMロック解除義務化

ここで挙げられた情報はあくまでも「噂」であり、当然ですがアップルから公式情報は発表されていませんし、アップルが取得した特許のすべてを製品化しているわけではありません。それでも、新型iPhoneの名前やデザイン、機能はどうなるのか、今から楽しみになりますね。
 
私たち日本のユーザーとしては、2015年5月以降に発売される端末は「SIMロック」解除が義務付けられる予定で、各社から発売が相次ぐ「格安SIM」の普及なども気になるところです。
 
関連記事:今後発売されるiPhone6sやiPhone7には、強度が高い「ゴリラガラス4」が搭載されるかも知れません
 
 
参照元:Macworld
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone6s, iPhone7, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top