トップページ > 最新情報 > iPod classic販売終了は部品調達が困難になったため

読了まで 28

iPod classic販売終了は部品調達が困難になったため

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPod classic

 

Appleのティム・クックCEOがウォルストリートジャーナル主催の講演会に登壇し、現在のAppleについて語っています。その中でiPod classicの販売終了についても言及し、その原因は部品調達が困難になったためと説明しています。

iPod classicの需要は減少

iPod classicはiPodとして登場した2001年から販売が開始され、白黒液晶からカラー液晶へと進化し、第6世代まで世代を重ねて販売されてきました。

 

しかしその間にiPod touchの販売開始、iPhoneの大ヒットなどもありiPod classic自体の需要は減少傾向にありました。そのため最後の第6世代の製品が2009年に発売されて以降、iPod classicのモデル更新は行われていませんでした。

iPhone6発表と同時に突然姿を消す

そしてついに2014年9月、iPhone6/6 Plusの発表でAppleのウェブサイトが更新された時に、iPod classicは製品ラインナップから姿を消しました

 

姿を消した理由について、今回クック氏は「iPod classicのいくつかの部品が入手困難となり、それらの部品を必要としない新モデルを開発するには、iPod classicの需要は小さすぎる」と発言しています。

 

やはりApple端末で音楽を楽しむユーザーがiPod touch、iPod nano、iPhoneへと移っていったのでしょう。この流れに抗えずiPod classicは需要の減少とともに販売終了という形で姿を消すこととなりました。

根強いファンも存在

iPod classicは160GBというiPhoneを凌ぐ大容量を誇り、その完成されたデザインも相まって、長年慣れ親しんだユーザーを今も魅了し続けています。そのためヤフオクでは新品未開封や美品なら定価(24,800円)を上回る価格で取引されることも多くなっています。

 

今後iPod classicの新モデルが出ることはほぼないと考えられ、根強いファンの存在も考慮すれば中古価格はさらに高騰する可能性もありそうです。
 
 
参照元: 9to5 Macヤフオク
執 筆: KAZ

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる