トップページ > 最新情報 > iPhoneの人気は今後も続く?!携帯電話満足度調査!

読了まで 153

iPhoneの人気は今後も続く?!携帯電話満足度調査!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

2014年10月22日、株式会社J.D. パワー アジア・パシフィックは2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<利用実態編>結果を発表しました。なお、今回の調査は合計16回目となり2014年7月に全国の10地域にて31,200名を対象に行われています。
 
スマートフォン利用状況調査

フィーチャーフォンユーザーの約半数が次回スマートフォンを検討

今回の調査結果によると現在フィーチャーフォンを利用している10代から60代のユーザーのうち、約半数が次回購入する予定の携帯電話をスマートフォンにしたいという意向があることがわかりました。特に10代では65%と圧倒的に多い結果となっており若者のスマートフォンニーズが顕著であることを表しています。60代に関してもほかの世代と大差ない35%程度の利用意向があることから、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行は継続することが考えられます。
 
スマートフォン利用者におけるiPhoneの利用率は、2011年時に19%であったものが2014年には46%と大幅な増加傾向にあり、今後もiPhone人気が続いていくことが予想されます。さらに「次回も同じ機種を買いたい」というリピートニーズに関してもiPhoneが73%と圧倒的な1位となっており、ソニーの43%、サムスンの27%を大きく引き離しています。
 
スマートフォン満足度調査

スマートフォンユーザーはスマートフォンを使い続ける

次にスマートフォンユーザーに対して次回購入予定の携帯電話を聞いてみたところ10代~60代までの全年代で約90%という結果になり、老若男女問わず現在スマートフォンを利用している人は今後もスマートフォンを利用し続けるということが予想されます。
 
 
参照元:株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック
執 筆:chappy

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる