トップページ > iPhone6s > iPhone6sは各社SIMフリー?総務省、SIMロック解除の義務化決定

読了まで 29

iPhone6sは各社SIMフリー?総務省、SIMロック解除の義務化決定

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6sはSIMフリーで発売?
 
総務省が携帯電話各社に対し、iPhoneなどのスマートフォンや携帯電話のSIMカードが自社のものでないと利用できない「SIMロック」の解除を来年5月から義務化する、と日本経済新聞が報じています。来年の発売が見込まれるiPhoneでは、SIMカードを差し替えて携帯会社を使い分けることが可能になったり、格安SIMサービスを使いやすくなることが期待されます。

iPhone6sはSIMロックフリーで発売?

日本経済新聞によると、総務省は今月中にもSIMロック解除の制度案を発表し、意見公募の後、年内には正式決定する予定とのことです。2015年5月以降に発売される製品について、携帯各社は利用者の求めに応じてSIMロックを解除することが義務付けられます。
 
これまでの発売サイクルどおりなら、2015年9月には次モデルのiPhoneが発売されると考えられます。名称がiPhone6sとなるかは不明ですが、同じ端末のままSIMカードを差し替えて携帯会社を乗り換えたり、サービスの競争で活性化している「格安SIM」サービスを使ってみたり、海外旅行や出張時に現地のSIMカードを購入して短期間利用することが可能になると期待できます。

転売目的の人はSIMロック解除対象外に

SIMロック解除は、原則として端末の販売直後から義務づけられますが、分割払いの割賦料金を支払わずに「持ち逃げ」するおそれがある人や、転売目的の人には解除に応じなくても良い、とする方針のようです。
 
携帯各社による割賦販売の期間は2年なので、少なくとも割賦払い完了後にはロック解除が可能になりそう、と日本経済新聞は伝えています。

総務省、「SIMロック」はユーザーの利益を損なうと問題視

総務省はこれまでも、SIMロックが大手キャリアによる寡占につながっており、格安SIM事業者の新規参入の障壁にもなり、ユーザーの利益を損なっているとしてSIMロック解除に向けて検討を続けてきました。7月には携帯電話のクーリングオフとあわせてSIMロック解除の方針が正式に決定しており、このほど具体的な道筋が示された格好です。
 
制度の内容は今後の意見公募などを経て、具体的に詰められると思われますが、ユーザーにとってメリットの多い、使い勝手の良い制度となることを期待したいところです。
 
 
参照元:日本経済新聞
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる