トップページ > iPhone6 > アップル最新のiPhone6/6 Plusを10秒間水没させたら?

読了まで 154

アップル最新のiPhone6/6 Plusを10秒間水没させたら?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6
アップルが発売したiPhone6/6 Plusの売上は競合他社を寄せつけないほど好調のようですが、残念ながら最新のiPhone6/6 Plusにもできないことがたくさんあるようです。

競合スマホは防水・防塵に対応

スマートフォンユーザーが最も欲しい機能の一つに、防水・防塵機能があります。アップルと競合するソニーのXperia Z3やサムスンのGalaxy S5は防水・防塵に対応しているのですが、iPhone6/6 Plusは残念ながら対応していません。
 
スマートフォン本体の保証サービスを行うSquareTradeが、さまざまなテストを行っていますが、その中でiPhone6/6 Plusの防水テストを実施し、動画を公開しています。

水没実験を実施、果たして?

動画を見ていただければ分かりますが、音楽を再生しながらiPhone6/6 Plusの両モデルを10秒間、水の中にどっぷり漬け、引き上げたところ、一部音楽が途切れて再生されただけで、防水対応ではないにもかかわらず、両モデルとも外観上では特に問題が起きなかったようです。
 

 

分解レポート、ゴム製パッキングを発見

iPhoneの分解レポートでお馴染みのiFixitがiPhone6を分解した際に、電源ボタンやボリュームボタンにゴムのパッキングが使用されていることが判明しており、アップルが防水・防塵のために採用したと思われます。

海やプールにはいれないで!

今回のテストでiPhone6/6 Plusがプールや海の中で使えることを証明しているわけではありませんが、飛び散った水が掛かったり、不注意で水没したとしても、すぐに水中から取り上げれば問題なく使用できることが分かりました。水没テストは動画の0:47くらいから始まります。
 
 
参照元 : BGR
執 筆 : リンゴバックス

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる