トップページ > iPhone6 > 中国ではiPhone6/6Plusが高値で取引!約35万円の物も

読了まで 214

中国ではiPhone6/6Plusが高値で取引!約35万円の物も

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Appleストア 銀座店
19日に発売となったiPhone6/6 Plusですが、発売当日にはAppleストアに長蛇の列ができたことが全国で話題となり、大阪心斎橋のAppleストアでは暴動が起きたとの報道もありました。
 
しかし発売から一日がたち、その行列の大半は中国人のバイヤーたちが関係していたことが明らかになってきています。今回のiPhone6/6 Plusは中国での発売日が未定のため、中国国内ではかなりのプレミア価格で取引されているようです。

iPhone6/6 Plusに並ぶ大行列では中国語が飛び交う

本サイトでも発売前夜からの異様な行列のことに関してはお伝えしましたが、今回のiPhone6/6 Plusに並ぶ行列の正体は、その大部分が中国人バイヤー関連であることが明らかになってきました。
 
YOMIURI ONLINEの独自取材によると、発売前日の18日午後10時、表参道のAppleストアでは、並びは900人前後で、そのうちの6割以上が「中国語をしゃべるグループ」だったとのことです。あくまでも著者の目安であることを強調しているものの、その人数がかなりのものだったことは間違いなさそうです。
 
銀座のAppleストアでも同様の現象が起きたうえ、バイヤーに雇われたホームレスが大量に並んでいたことを報じています。行列の中ではSIMフリー版について、購入価格に約25,000円を上乗せした価格で買い取ることが明示されたチラシも配布されていたようです。

中には約35万円で取引されているものも

理由ははっきりとはしていませんが、今回のiPhone6/6 Plusは現在のところ中国国内での発売が発表されておらず、富裕層を中心に、人気のiPhoneの最新商品を何としても購入したいと考える人々がこういった転売商品に手を出すことが予想されます。
iPhone6 転売 中国
そういったニーズに引っ張られて、中国のオンラインショッピングサイト淘宝(タオバオ)では、日本で購入されたと考えられるiPhone6/6 Plusが最高で約35万円という高値で販売されていることが確認出来ました。他の商品も、多くが20万円前後で取引されています。
 
世界的に人気なのは間違いありませんが、さすがにここまでの金額はやり過ぎな気がします。YOMIURI ONRINEでも記載されていますが、こういったバイヤーとの取引についてはトラブルに巻き込まれる可能性も十分に考えられますので、注意が必要です。
 
 
参照元:新華ニュースYOMIURI ONLINE
執 筆:クロス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top