トップページ > iPhone6 > アップル、Apple Payサービス開始に向け、NFC基準策定団体に加盟

読了まで 21

アップル、Apple Payサービス開始に向け、NFC基準策定団体に加盟

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ApplePay
アップルがiPhone6/6 Plusのリリースと同時に発表したモバイル決済サービスのApple Payは、10月からアメリカ国内でサービスが開始されます。アップルはサービス開始に先立ち、さまざまな業界で活用が見込まれる安全なチップ技術の基準作りを目的とした非営利団体であるGlobalPlatformにフルメンバーとして加盟したようです。

GlobalPlatform、多くの携帯電話メーカーやクレジットカード会社が加盟

今回、アップルが加盟したGlobalPlatformのメンバーには販売パートナーであるAT&T、Sprint、Verizonなどの通信キャリアをはじめ、競合するSamsung、BlackBerryなどの携帯電話メーカーが既に登録しています。

メンバーの多くは既にアップルのパートナー

さらに重要なのは、American Express、MasterCard、VisaなどApple Payのパートナーであるクレジットカード会社も既にメンバーに登録しており、Apple Payのパートナーを検討しているとされるDiscoverもメンバーとなっていることです。
 
ApplePay
 
Apple PayiPhone6/6 Plusを使い、NFCとTouch ID、Passbookアプリを利用して、通常のクレジットカードの代わりにiPhone端末だけで、何千という実店舗でモバイル決済が可能となるサービスです。

Apple Payは10月からアメリカ国内で開始

iPhone6とiPhone6 Plusのユーザーは、10月に予定されているiOS8のアップデート後にApple Payが利用可能になる見通しです。既存のiPhone5、iPhone5s、iPhone5cのユーザーは、2015年初めに発売されるApple Watchを利用すれば、Apple Payが使えます。また開発者はApple Pay APIによって、Apple Payでの決済が可能なアプリを開発することが可能です。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top