トップページ > iPhone6 > Apple Payのアップルの手数料は0.15%と高めの設定

読了まで 21

Apple Payのアップルの手数料は0.15%と高めの設定

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

applepay
 
アップルの新しいモバイル決済システムApple Payにおいて、アップルがクレジットカード会社や銀行に対し、消費者の支払い額の0.15%を徴収すると報じられています。
 
アップルがApple Payで、顧客が決済するごとに手数料を徴収するというニュースは先日報じられました

0.15%の手数料は前代未聞

MacRumorsはThe Financial Timesの報道として、購入金額100ドルにつき15セント、つまり0.15%の率で手数料を徴収するようだと報じています。この比率の高さは前代未聞の合意であり、競合するグーグルなどは同等の手数料を得ていないということです。
 
アップルが有利な条件を得られた理由として、ある銀行幹部は、Apple Payでは「銀行が決済システムの中心」となっており、銀行にとって同システムの普及は得になりこそすれ、損にはならないためとしています。
 
またApple Payのセキュリティの高さも銀行側に評価されており、これも好条件での合意につながったようです。

より安全なApple Pay

Apple Payでは、デビットカードやクレジットカードがPOSターミナルでスキャンされるときに生成される一般的な暗号文に加え、決済プロセスのすべてのステップを暗号化する「トークン・システム」が用いられています。トークン化はすでにNFCの仕様の一部となっていますが、アップルはこの既存の技術に指紋認証システムTouch IDを追加して、さらに安全性を高めています。
 
Apple Payに追加されたカードには、「ダイナミック・アカウント・ナンバー」と呼ばれるトークンが割り当てられます。各ダイナミック・アカウント・ナンバーはiPhoneに安全に保管され、決済の際には毎回さらに暗号文が追加されるとのことです。
 
アップルは10月からApple Payの導入を開始し、米国内だけでも22万店で利用可能になるとしています。
  
参照元 : MacRumors
執 筆 : lunatic

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる