トップページ > iPhone6 > 海外メディアもiPhone6のAXGP、WiMAX2+対応を予測!

読了まで 233

海外メディアもiPhone6のAXGP、WiMAX2+対応を予測!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6の発表イベントが近づき、様々な情報が漏れ伝わり、またメディアが機能搭載を予測しています。その中で日本のiPhone事情に大きく関わってくるのが「Band41のLTE」にiPhone6が対応するか否かの情報です。

 

アメリカでもスプリントがBand41でLTEサービスを提供しているため、その対応の有無に注目が集まっています。日本ではソフトバンクグループのAXGPとKDDIグループのWiMAX2+がBand41を使っており、iPhone6が対応することで日本でも通信環境は大きく変わります

 

AXGPのスピード

海外メディアもBand41対応を予測

そんな中で海外メディアもBand41への対応を予想しています。主に中国版のiPhone6でBand41に対応するメリットが大きいことが予測の根拠になっています。ただスプリントでもそのメリットを享受でき、もちろんauとソフトバンクのiPhoneもメリットを受けることができます。

 

日本でもiPhone6がBand41に対応することを「ほぼ確実」との予想が多くなっており、状況として対応の可能性は非常に高くなっています。iPhone5s/5cの時もBand41の対応が噂されていましたが、蓋を開けてみると非対応でした。ソフトバンクも対応を長く待ちわびていたはずで、iPhone6ではようやくその悲願が叶うことになりそうです。

対応はソフトバンクのiPhone6へのメリットが大きい?

iPhone6がBand41に対応することでソフトバンクとauの双方にメリットがあるように見えます。しかし現実的な問題として、WiMAX2+はサービス開始から日が浅く、現時点では発展途上といえます。そのためエリア面でも基地局数でもAXGPに一日の長があり、ソフトバンクのiPhone6がBand41対応のメリットをより多く受けられると考えられます。

 

ただWiMAX2+もエリアを急拡大させており、現在のWiMAXエリアは来年の1月末までにはほぼWiMAX2+エリアとして整備される計画になっています。その頃にはAXGPWiMAX2+の差が少なくなると考えられますが、当初の差は大きいと思われます。

対応で都心部でも高速通信可能に

東京のトラフィック

 

iPhone6でAXGPWiMAX2+に対応することで、都心部でも下り最大110Mbpsの通信が可能になります。また現時点で利用者の少ない周波数をiPhone6ユーザーが使えるようになり、快適な通信が期待できます。

 

iPhone6が普及するに従って実効速度は落ちて行く可能性はありますが、それでも上の写真のように都心部に集中するデータ通信の負荷をBand41に分散させることで、快適な通信環境が維持されることが期待できます。

 

なお、LTEの対応バンドのような細かい情報は発表イベントで言及されることはあまりありません。しかし発表直後に更新されるAppleのサイトで詳細な仕様とともに確認できるようになります。
 
 
参照元: Fierce WirelessWCP
執 筆: KAZ

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top