トップページ > iPhone6 > 2つのiPhone6、他のiOSディバイスと画面サイズを比較!

読了まで 221

2つのiPhone6、他のiOSディバイスと画面サイズを比較!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ついに9月9日のスペシャルイベント開催が正式に告知され、iPhone6への期待感が一気に高まってきました。今回のスペシャルイベントの注目点はiPhone64.7インチ、5.5インチモデルの発表です

 

GALAXYをはじめ、他社のスマートフォンがのきなみ大画面化する中、Appleがどのように動くか大いに注目されます。また大画面化によってどのような使い方が新たに提案されるか、すごく楽しみです。

iPhone6の画面サイズを比較

iPhone6の大画面化は正式発表ではありませんが、ほぼ既定路線と言っていいでしょう。また2モデルの発売となることも噂などからほぼ確実とみられています。そこで4.7インチ、5.5インチのiPhoneが発表されると仮定して、現行のiPhone、iPadとの大きさを比較してみます。

 

logo

 

画像の左からiPhone4s、iPhone5s、iPhone6(4.7インチ)iPhone6(5.5インチ)、iPad mini Retina、iPad Air、iPad(12インチ)です。12インチのiPadはまだまだ噂段階(来年発売?)ですが、比較に加えています。

 

こう並べるとiPhoneとiPadの画面サイズが綺麗につながっていることがわかります。iPhone6(5.5インチ)はiPad miniを小さくした感じで、用途に合わせてディバイスのサイズを選べるようになっています。iPhone6がリリースされれば、iPadは大きすぎるけど、iPhoneは小さい、といったケースもカバーできることになります。

用途拡大で画面サイズも多様化

AppleはiPhoneを電話やインターネットディバイスとしてだけでなく、様々な用途に使うことを提案しています。下の画像にある使い方でもFaceTimeやiBooksは画面サイズが大きい方が使い勝手は良さそうです。

 

iPhoneの用途

 

iPhone6の画面サイズアップや2モデル展開は、用途に合わせてディバイスのサイズを選び、時にはiPhoneからiPadに持ち替える、そんな使い方をAppleが積極的に提案していることの表れだと考えられます。またその延長線上に来年発売とも噂される12インチのiPadがあるのかもしれません。

 

さらにいえば、iPadの画面サイズの多様化はMacBook Airとの棲み分けにも影響しそうです。12インチのiPadが発売されれば、MacBook Airも現在の立ち位置を修正することになるかもしれません。iOSディバイスとMacBookの境界線も曖昧になるとすれば、これはこれで楽しみです。
 
 
参照元: Apple
執 筆: KAZ

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる