トップページ > Apple Watch > アップル、iPhone6とiWatchリリースに過去最高の製造コストを支出

読了まで 25

アップル、iPhone6とiWatchリリースに過去最高の製造コストを支出

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Foxconn
アップルの直近の第2四半期の各サプライヤーへの支払額が過去最高の154億ドル(約1兆6,000億円)となっていることから、アップルはこの秋のリリースに向け、次期iPhone6iWatchの生産を本格化しているとアナリストが投資家向けにレポートしています。

製造コストは前年比18.5%上昇、別途先行投資も300%

RBCキャピタルマーケッツのアナリストAmit Daryanani氏は投資家向けのレポートで、アップルのコンポーネントや製造にかかるコストが、この6月期の四半期決算で前年比18.5%上昇していると述べています。
 
さらに、アップルは機械設備、固定資産、広告宣伝、研究開発などの債務に56億ドル(約5,818億円)を支出しており、これは前年比で300%にもおよぶ金額となっています。特に前年4億2,500万ドル(約441億5,500万円)だった研究開発費は、過去最高の16億ドル(約1,662億円)にも達しており、Daryanani氏は新製品に使用される「素材」に必要な設備に対する投資が大きいと指摘しています。

製造コスト+先行投資はiPhone6とiWatchの製造に

Daryanani氏はアップルが設備にこれだけの投資をしているのは、この秋にもリリースが予想されている次期iPhone6はもちろん、以前からリリースが噂されているiWatchに必要なためだと予想しています。

10月にはiWatchをリリースか

アップルは9月9日に開催されるメディア向けイベントで次期iPhone6を、また10月に開催される今年2回目のイベントで、同社にとって初めてのウェアラブルデバイスであるiWatchをリリースすると予想されています。

アップルは約18兆円という多額の現金資産を保有

先行投資が増加することに伴い、アップルの現金資産は減少するわけですが、6月期末ではアップルは1,645億ドル(約17兆859億円)の現金を保有しており、その内の1,377億ドル(約14兆3,023億円)は海外で、286億ドル(約2兆9,706億円)はアメリカで保有しているようです。現金資産は前年比12%増加しています。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : Apple Watch, iPhone6, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる