トップページ > iPhone6 > iPhone6、液晶ディスプレイ生産の一部に遅れか――ロイター

読了まで 149

iPhone6、液晶ディスプレイ生産の一部に遅れか――ロイター

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6front
 
来月発表されると見られるiPhone6ですが、搭載する液晶ディスプレイの生産が一時停止していたことがわかりました。ロイター通信が報じています。

液晶の後半工程に遅れ

iPhone6は、液晶画面が4.7インチと5.5インチの2機種がリリースされる見通しですが、ロイターによると、液晶の生産を担当しているのはジャパンディスプレイ、韓国LGディスプレー、シャープの3社で、ジャパンディスプレイとLGディスプレーは4.7インチと5.5インチの両方、シャープは4.7インチのみを生産しているようです。
 
複数の関係筋によると、液晶生産の後半工程において、バックライトが液晶メーカーに届かないという問題が発生し、取り付け作業が中断したとのこと。そのため5月頃から液晶の量産体制に入っていたにも関わらず、6、7月は後半工程に入れないままになっていた模様です。

薄型化追求での壁

バックライトの納品が遅れた理由としては、設計に対するアップルの要求の厳しさが挙げられています。これまでバックライトの明るさを高めるための輝度向上フィルム(BEF)は2枚使用されていましたが、iPhone6では薄型化のため、フィルムを1枚に減らす仕様となりました。
 
ところが、フィルムを減らした設計に合うバックライトの量産で問題が生じ、設計を始めからやり直すこととなったため、液晶生産に遅れが生じたとのことです。
 
ただし8月には、新しい設計によるバックライトの量産が軌道にのり、現在は一時停止による遅れを取り戻すため、後半工程の作業を押し進めている模様です。
  
参照元: Reuters
執 筆: lunatic

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる