トップページ > お知らせ > 【独自調査】iPhoneユーザー43.2%が「iPhone6」購入予定!「料金」を重視

読了まで 344

【独自調査】iPhoneユーザー43.2%が「iPhone6」購入予定!「料金」を重視

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhoneユーザーの43.2%が「iPhone6」購入予定!
 
iPhone Maniaでは、「スマートフォンに関するアンケート」を実施しました。新iPhoneとして9月9日の発表が見込まれる「iPhone6」購入予定者はiPhoneユーザーの43.2%に上り、Androidユーザーやガラケーユーザーも半数弱が検討中でした。携帯端末購入時は「料金プラン」が最重要視されています。

メイン利用端末はiPhoneシリーズが45.4%、Androidが29.4%

本調査は2014年7月14日(月)~8月13日(水)の期間、インターネット調査で実施し、4,167件の回答がありました。
 
メインで利用している端末は「Androidスマートフォン」が29.4%で最も多く、以下「iPhone5s/5c」19.4%、「iPhone5」17.9%、「iPhone4s以前の端末」8.1%でした。iPhoneシリーズを合計すると45.4%と半数弱でした。従来型携帯電話、いわゆるガラケーは21.7%でした。
 
1-メイン利用端末
 
回答者の利用キャリアはドコモが33.0%、auが31.4%、ソフトバンクが31.5%と、大手3キャリアがほぼ拮抗しています。最近、多様なサービスが提供され注目が集まっている格安SIMカードの利用者は1.7%でした。
 
2-利用キャリア

iPhoneユーザーの43.2%「iPhone6欲しい」、Android・ガラケーユーザーの半数弱が「検討中」

次期iPhoneとしてiPhone69月9日(火)に発表されると見られていますが、購入意向は「検討中」が43.2%で最多、「はい」と答えた購入意向者が28.7%で続きました。
 
3-iPhone6購入意向
 
次期iPhoneの購入意向を利用端末別で見ると、「iPhone4s以前の端末」で51.0%、「iPhone5」で47.4%と、発売から時間が経ったiPhoneユーザーの購入意向が高く、現行モデルのiPhone5s/5cユーザーでも36.0%が購入意向を示しています。iPhoneユーザー全体の43.2%のユーザーがiPhone6を購入したいと考えています。
 
4-端末別購入意向
 
Androidスマホユーザーの購入意向者は23.8%でiPhoneユーザーに比べると低い一方、「検討中」が48.2%と高く、画面サイズが大型化するiPhone6の発表を見て購入を決めようとするユーザーが多いと考えられます。ガラケーユーザーでは購入意向なしが38.7%と高いものの「検討中」が47.2%と半数近くいることから、iPhone6の発表後にAndroidスマホやガラケーからの買い替えを決断するユーザーも相当数に上ると見込まれます。
 
次期iPhoneの購入意向を利用キャリア別に見ると、購入意向者が最も多いのはソフトバンクユーザーの39.6%で、auユーザーの26.2%、ドコモユーザーの22.6%を引き離しました。これは、iPhoneの取扱開始が最も早いソフトバンクユーザーに、買い替え時期を迎えたiPhoneシリーズのユーザーが多いためと考えられます。
 
5-キャリア別購入意向

次回の携帯購入は77.7%が「機種変更」

次回携帯電話購入時に検討している契約形態(複数回答)は「機種変更」が77.7%で最多となり、「MNP」が26.1%でした。大半のユーザーが機種変更での購入を予定しています。
 
6-購入方法

端末購入時の重視点は「料金プラン」が75.0%、Androidユーザーは重視点が多い傾向

携帯端末を選ぶ時に重視するポイント(複数回答)は、「料金プラン」が75.0%で最多、以下「使いやすさ」51.0%、「端末代金」44.4%、「キャンペーン・割引」が42.0%、「デザイン」34.8%などと続きました。上位には料金・代金に関する項目が集中し、端末の機能・性能よりも料金・代金が重視されている傾向が見受けられます。
 
7-重視ポイント
 
重視するポイントを利用端末別に見ると、iPhoneシリーズユーザーは「端末のブランド」を20%強が選択しており、アップルやiPhoneのブランドに魅力を感じているiPhoneユーザーが多いことがうかがえます。
 
一方、Androidスマホユーザーでは6位の「バッテリー容量」(40.0%)までが選択率40%以上であり、Androidスマホユーザーは重視する項目が多岐にわたっていることが分かります。11個ある重視ポイントの選択数平均でもAndroidスマホユーザーが3.87個で最多となりました。
 
8-端末別重視ポイント

iPhone6はAndroid、ガラケーユーザーも取り込む大ヒットとなるか!?

iPhone6では、バッテリー容量は1,810mAhになり現行iPhone5sの1,560mAhから大幅増とはならないものの、新開発のA8チップとiOS8の最適化による省電力の実現が期待されています。背面のアップルロゴ部分にNFCアンテナが搭載されるとの情報もあり、iPhone6にNFCが搭載されれば、NFC重視派のAndroidやガラケーのユーザーの注目も集めることとなりそうです。
 
最後になりましたが、アンケートにご協力くださった読者の皆様に厚く御礼申し上げます。キャンペーン告知でご案内したとおり、抽選後、9月上旬頃にメールにてご連絡いたします。
 
上記リサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、こちらよりお問い合わせ下さい。引用される場合は、引用元として対象記事タイトルでのリンクや下記のクレジットの記載をお願いします。
■iPhone Mania
⇒http://iphone-mania.jp/
 
 
執 筆:編集部

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる