トップページ > 最新情報 > GTの最新機械がAppleのサファイアガラス問題を解決!?

読了まで 212

GTの最新機械がAppleのサファイアガラス問題を解決!?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

GTHyperion 4 Ion Implanter
 
iPhone6のスクリーンに採用されるといわれる、サファイアガラスの生産問題を解決する「秘密兵器」を、Appleのサファイアガラスの製造パートナーであるGT Advanced Technologiesが準備していると、マサチューセッツ工科大学(MIT) が伝えています。Cult of Macが報じました。
 
サファイアガラスは丈夫で傷がつきにくく、耐久性が高いのが長所ですが、その分スマートフォンのスクリーンサイズに切断するのは至難の業です。Appleは現在、サファイアの大きな塊を、数百マイクロメートルの薄さに切っていくという作業を行っていますが、これには非常に時間がかかるといわれています。

GTが最新兵器を準備中

しかしGTの最新機械「Hyperion 4 Ion Implanter」では、水素イオンをサファイアに照射することで、紙のような薄さに簡単にスライスしていくことが可能です。
 
この機械はコンクリートミキサー車くらいの大きさで、現在マサチューセッツ州ダンバースの研究所で稼働中です。機械はサファイアのウエハーに水素イオンを26マイクロメートルの深さに導入し、さらに熱処理により結晶の結合を切断して、サファイアウエハーの表面を26マイクロメートルの厚みではがします。
 
機械を使えば、人間の髪の毛の半分程度の厚さのサファイアを、繰り返しはがしとっていくことが可能です。そうしてはがしたサファイアを、ガラススクリーン表面にラミネート加工すれば、スクリーンが丈夫になるだけでなく、使用するサファイアの量も少なくて済むため、コスト削減が期待できます。

新技術を使えばサファイアスクリーンが格安に

現在、100%サファイアでできたiPhoneのスクリーンのコストは、1枚あたり15ドルから20ドル(約1,500円から2,000円)で、従来のガラススクリーンの5倍です。しかし紙並みの薄さのサファイアを使用するなら、1枚6ドル(約600円)までコストを抑えることができるそうです。
 
GTのエンジニアリング部門の副社長によると、サファイアウエハーの処理を自動化し、はがしてシートを作成するプロセスを迅速化できるよう、機械を調整する必要があるそうですが、それには最長9ヶ月かかるとのことです。その場合、iPhone6には間に合いませんが、次のモデルでは採用されるのでしょうか。
 

 
参照元: Cult of Mac
執 筆: lunatic

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる