トップページ > iOS > アップル次期iOS8とOSX ヨセミテのコンテニュイティ機能でiPhoneとMacが便利に!

読了まで 321

アップル次期iOS8とOSX ヨセミテのコンテニュイティ機能でiPhoneとMacが便利に!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOS8
アップルはこの秋にリリースする次期iPhone6に合わせて基本OSである次期iOS8を公開する予定となっています。また、Mac用の新OSであるOS Xもバージョンが10.10 Yosemiteとなり、アップルは両OS間でユーザーにシームレスな機能や操作性を「Continuity(コンティニュイティ)」機能として提供することになっています。

Continuityとは?iPhoneやMacで何が変わるのか?

Continuityとは「継続性、一貫性、密接な関係」という意味ですが、MacとiPhoneのユーザーは具体的に何が変わるのでしょうか?以下の4つのことがiPhoneとMacでできるようになります。
 
・iPhoneとMacのどちらからでも、電話をかけたり受けたりできる。
・iPhoneとMacのどちらからでも、SMSやiMessageの送受信ができる。
・Instant Hotspotにより簡単にMacはiPhone経由でネットにつながる。
・HandoffによりMacとiPhoneどちらからも作業の続きを再開できる。

 

iPhoneの電話機能がMac上でも可能に

iOS8
iPhoneに電話がかかってくると、Macの画面に電話番号やプロフィール写真などが通知されます。通知をクリックすることでMacがスピーカーフォンに変わり、電話を受けることが可能になります。もちろん、通話を拒否したり、iMessegeですばやく返信することも可能です。また、電話をかけるときは電話番号をクリックするだけでMacからiPhone経由で電話の発信が可能になります。
 

SMSもiMessegeも、Mac上から送受信が可能に

iOS8
これまではMac上からiPhoneやiPadへのiMessegeの送受信は可能でしたが、iMessege以外の他の携帯電話へのSMSの送受信はできませんでした。iOS8とYosemiteでは相手がどんな携帯電話でもSMSとMMSのテキストメッセージをMac上から送受信することが可能になります。iPhoneでもMacでも、近くにあるデバイスで対応が可能になります。
 

Instant Hotspotを使えば、簡単にテザリングが利用可能に

iOS8
自宅や外出先でMacを使いたいときにWi-Fiがなくても心配いりません。iPhoneがバッグやポケットに入ったままでもお互いが圏内にあれば、何の設定をしなくてもBluetoothを使って自動的にiPhone経由でインターネットに接続します。
 

Handoffにより、MacとiPhoneどちらからも作業の続きを再開可能に

iOS8
Macで書類を作っていたけど、出掛ける時間に。そんな時には移動中にiPhone上で作業を再開できます。Handoffにより両方のデバイスで自動的に作業を引き継ぐことができます。メール、Safari、Pages、Numbers、Keynote、マップ、メッセージ、リマインダー、カレンダー、連絡先に対応します。Handoffは開発者が自社のアプリに組み込むことも可能ですので、今後はアップル以外の対応するアプリケーションは増えていくと思われます。
 
Continuityを利用するにはMacとiPhoneの両方の機器で同じApple IDでログインしている必要があり、これにより両システムでシームレスな操作が可能になります。
 
ユーザー数の多いWindows PCでは同じようなことができないわけではありませんが、残念ながらアップルのように洗練した形ではできません。
 
ただし、MacとiPhoneユーザーでも、すべてのデバイスで今回ご紹介した機能が利用できるわけではありません。Contituityが機能するためにはBluetooth4.0/LEに対応したデバイスが必要になります。具体的には以下のiPhone、iPadとMacが対応する予定です。
   iPhone 4S以降の機種
   iPad (iPad 2以降の機種)
   MacBook Air (mid-2011以降の機種)
   MacBook Pro (mid-2012以降の機種)
   Retina MacBook Pro (mid-2012以降の機種)
   iMac (late 2012以降の機種)
   Mac mini (mid-2011以降の機種)
   Mac Pro (2013以降の機種)
 
今後、Microsoftのスマートフォンのシェアも増加する可能性がありますが、このような機能を提供してくるのかはわかりません。それよりもGoogleの方が、AndroidのスマートフォンとChromebookを使ってアップルと同じような機能を提供してくる可能性があるような気がします。
 
 
参照元 : Apple
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, Mac, 最新情報  タグ : , , , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる