トップページ > iPad Air > Apple、4月~6月期で3,650万台のiPhoneを販売

読了まで 29

Apple、4月~6月期で3,650万台のiPhoneを販売

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhoneShipment
 
米投資銀行Wells Fargo Securitiesが、Appleは2014年4月から6月の四半期で、同四半期としては過去最高となる3,650万台のiPhoneを出荷したとの予想を発表しました。
 
同社のアナリストであるMaynard Um氏は、6月末締めの四半期で、Appleは382億ドル(約3兆8,853億円)の売り上げを計上したという、ウォール街の平均的な予想額379億ドル(約3兆8,548億円)を上回る予想を明らかにしています。
 
iPhoneの出荷台数については、昨年の同四半期の3,120万台を大きく上回ったと見ています。

4月末以来新たに16社のiPhoneキャリアを追加

Um氏によると、Appleは4月末以来、新たに16社のiPhoneキャリアを追加し、世界全体では計332キャリアとなりました。また新しくブルネイ、コソボ、カザフスタン、レバノンでもiPhoneの提供を開始しています。
 
このほど追加された国々やキャリアに加え、Appleの販売チャネルにおける宣伝活動が販売台数の伸びに貢献しているとUm氏は考えています。

iPadの販売台数は1,200万台、Macは390万台

iPhone以外では、同じ4月~6月期に、iPadは1,200万台、Macは390万台、iPodは190万台売れたとUm氏は見積もっています。また粗利益率はAppleのガイダンスである37~38%よりも高い38.3%、1株当たり利益はウォール街の1.22ドルよりも高い1.27ドルという予測を出しています。
 
4月~6月期について平均よりも高い予想を打ち出しているUm氏ですが、Appleの長期的な展望については慎重な姿勢を崩しておらず、株価は86ドルから96ドル程度との見方を示しています。
 
その理由については、Appleはいずれ、出荷台数を増やすか、マージンを取るかの選択を迫られるからだと述べています。Um氏は、スマートフォン市場において未開拓な部分は規模的にそれほど大きくなく、しかもAppleが現在勝負していない低価格商品向けだと分析しています。
 
Appleは現地時間7月22日に、第3四半期の業績を発表する予定です。
  
参照元: Apple Insider
執 筆: lunatic

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる