トップページ > iPhone6 > 次期iPhone6の背面はiPhone5sと似たデザイン、上下にはガラスを採用か

読了まで 216

次期iPhone6の背面はiPhone5sと似たデザイン、上下にはガラスを採用か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6
アップルの次期iPhone6のモックアップが数多く登場しており、背面パネルの上下の2本のラインが入った画像がネット上でも数多く掲載されていますが、今回の新たな情報によると、このモックアップの上下のラインはガラスパネルの位置を決めるためのプレースホルダーであり、背面のデザインは現在のiPhone5sに類似したものになるようです。
 
iPhone5でアルミ製の背面パネルを採用したアップルは、現在のフラッグシップモデルであるiPhone5sでもこれを踏襲しています。本体背面の上下にガラスを使用しているのは本体内部の無線の「窓」となるアンテナ機能のためといわれています。

iPhone6モックアップの背面のラインは位置合わせのためか?

これまで流出していた次期iPhone6のモックアップでは背面に2本のラインがあり、従来のガラス部分は別の素材に置き換えられると思われていましたが、どうやらこの2本のラインは最終的に製品に仕上げる前にガラスパネルを埋め込むための位置合わせのマークと考えられ、背面のデザインは現行のiPhone5sを大きくしたようになるのではないかとG for Gamesが伝えています。
 
iPhone6

カメラ用フラッシュはiPhone6でもiPhone5sと同じ楕円形

また、アップルは昨年iPhone5sで縦に長い2色の楕円形の「True Tone」フラッシュを採用しており、次期iPhone6でも、このフラッシュを採用すると思われているのですが、現在の多くのモックアップではカメラのフラッシュ部分が円形となっていることから、これらのモックアップは最終デザインではないと考えられると伝えています。

iPhone6では背面のリンゴマークはくり抜かれる?

またG for Gamesは、次期iPhone6ではアップルのロゴマークの処理が大きく異なり、背面のアップルのロゴマークはこれまで背面に浮き出るように処理されていたのですが、次期iPhone6ではアルミ製の背面をリンゴの形でくり抜いたデザインになると指摘しています。

曲面ディスプレイを採用?

さらに、iPhone6では曲面ディスプレイを採用することにより、エッジが丸みを帯びた本体デザインとディスプレイに境目がなくシームレスな外観になるとも伝えています。
 
次期iPhone6で曲面ディスプレイが採用されるとの予想は現実的とは思えませんが、次期iPhone6のモックアップはデザイン的には今ひとつと感じますし、最終デザインではないと思いたいですね。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top