トップページ > 最新情報 > アップル、ARM、Qualcomm、元IBMのチップデザイナーを数多く採用

読了まで 27

アップル、ARM、Qualcomm、元IBMのチップデザイナーを数多く採用

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

A7
アップルやARMやQualcommといった新しく台頭してきたモバイルプロセッサーの開発メーカーは最近、かつてはIBMをリーディングカンパニーに導いた優秀なプロセッサーの開発者たちを数多くヘッドハンティングしているようです。一方、IBMはニューヨークやバーモントにある一世代前のプロセッサーの製造拠点の売却を検討しているようです。
 
アメリカ、オースティンのチップ設計者の求人市場はここ2年間、非常に活況を帯びており、アップル、ARM、Qualcommの各社が積極的にIBMやAMD、Freescaleのようなチップメーカー出身の多くの優秀なスタッフを採用していると元IBMの従業員が述べています。
 
オースティンにあるIBMのサーバー開発グループは、高額な年収と将来性のオファーを受け多くのスタッフが他社に転職し、それまで同社にあった知的財産の多くが流出してしまったそうです。また、ローリーやロチェスターにあったデザインチームも同じように優秀なスタッフを失ったと同氏は述べています。
 
これまでのパソコンのようなハイエンドプロセッサー産業は、モバイル機器の爆発的なヒットにより、価格は下落し、海外で生産されるコモディティ化した製品となってしまい、急速に市場が縮小しています。IBMはチップ製造の分野では長い歴史を持ち、先進的な技術を提供してきましたが、市場の急速な変化には取り残されているようです。このすきに成長が著しいモバイル産業からのオファーでチップデザインが可能な優秀なスタッフがヘッドハンティングにあうことになったようです。
 
A7
 
アップルは2007年に発表したiPhoneと2010年に発表したiPadで、モバイル機器のマーケットシェアを獲得していますが、その影では自社でプロセッサーの開発をほとんどゼロからスタートさせています。Aシリーズチップと呼ばれるアップルのプロセッサーはアップルが自社で開発をしており、iOSの基本ソフトウエアと統合することで、他社では実現できない機能とパフォーマンスがこれからも提供されることになります。今秋リリースされる次期iPhone6には次世代A8プロセッサーが搭載されると予想されています。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる