トップページ > 最新情報 > 伸び続けるiPhoneシェア!大ヒット必至のiPhone6を快適に買うには?

読了まで 350

伸び続けるiPhoneシェア!大ヒット必至のiPhone6を快適に買うには?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6
MMD研究所は2014年6月10日に「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」を発表しました。携帯端末購入者の83.7%がスマートフォンを購入しており、なかでもiPhoneが一番人気です。
 
購入場所は「キャリアショップ」が最多ですが、「料金メニューのわかりにくさ」のほか、「オプション加入」「待ち時間」といった不満点も目立ちました。多くのユーザーの買い替えサイクルが2年程度であることから、iPhone6は空前の大ヒットとなると見られます。

携帯購入者の83.7%がスマホを購入

調査は2014年4月14日から16日の期間、全国の15歳以上の男女を対象にインターネットで実施され、有効回答数は934人でした。
 
2013年10月~2014年3月の半年間に携帯端末(スマートフォンまたはフィーチャーフォン)購入者の83.7%がスマートフォンを購入しています。2013年10月に実施した前回調査と比べて、スマートフォン購入者の比率が1.7%高まっています。
 
購入した端末種別
 
以前使っていた端末はスマートフォンが56.3%と、過半数のユーザーがスマートフォンからの買い替えでした。
 
以前使っていた携帯端末
 
スマートフォンユーザーの比率が一層高まっていることがわかります。

購入時期は3月が最多

携帯端末の購入時期は、2014年3月が24.1%で最多でした。携帯電話業界の商戦が最も活発化する3月ですが、今年は各社の高額キャッシュバック競争もあり、異様な盛り上がりを見せました。次いで、iPhone5s/5c発売翌月の2013年10月が19.0%、年末となりiPhone5sの在庫不足も落ち着いた2013年12月が17.7%で続きました。
 
端末購入時期

各キャリアともiPhoneが一番人気、ドコモ・auで大きな伸び

各キャリアのスマートフォンユーザーに所有しているスマートフォンを尋ねたところ、ドコモのスマートフォンユーザーは39.6%がiPhoneで、Xperiaシリーズの24.9%を引き離しました。ドコモからiPhoneが発売された直後だった2013年10月の前回調査から、iPhone所有率がほぼ倍増しています。
 
その一方でXperiaシリーズが12.4%、GALAXSYシリーズが9.6%それぞれシェアを落としている一方、AQUOSシリーズは6.8%シェアを伸ばしました。
 
ドコモの人気スマートフォン
 
auのスマートフォンユーザーはiPhone所有率が58.0%と、前回の40.0%から18.0%伸びて半数を超えました。2位はドコモと同じくXperiaシリーズですが、前回からシェアを4.9%落としています。
 
auの人気スマートフォン
 
ソフトバンクは、iPhoneシリーズが76.9%と圧倒的に比率が高く、前回調査の77.7%からシェアも大きく変わっていません。「iPhoneといえばソフトバンク」の構図が明確となりました。iPhone以外では、AQUOSシリーズのシェアが前回から4.3%伸びています。
 
ソフトバンクの人気スマートフォン

端末買い替えサイクルは2年前後が最多

MNPの移動状況を推測できるキャリア変更状況は、「変更していない」ユーザーがドコモ78.8%、ソフトバンク72.5%、au71.3%の順となり、MNPでのユーザー獲得はauとソフトバンクが多くドコモはやや少ない、という傾向が見られます。
 
キャリア変更状況
 
以前使っていた端末の使用期間は「2年~2年半」が19.4%で最多、次いで「1年半~2年未満」が16.3%と、携帯キャリアの「2年縛り」が終わり分割払いも終了する2年前後での買い替えが最多となりました。
 
以前使っていた端末の使用期間
 
この9月に発売されると考えられるiPhone6では、2012年に発売されたiPhone5や、その一世代前であるiPhone4sといった、大ヒットモデルのユーザーが買い替えサイクルにあたり、大ヒットはほぼ確実と見られます。

購入場所はキャリアショップが最多、「料金メニュー」のほか「オプション加入」「待ち時間」への不満も

現在使用している携帯端末を購入した場所は「キャリアショップ」が65.4%で最多となり、2位の「家電量販店」20.9%を引き離しました。
 
携帯端末の購入場所
 
携帯端末購入時の不満点は、30.8%が「料金メニューが分かりにくい」を挙げトップとなりました。ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」、ソフトバンクの「スマ放題」追随すると見られるauと、各社が参入する「かけ放題」プランがユーザーにどう受け入れられるか、注目されます。
 
購入時の不満点
 
次いで「オプションに加入させられる」が26.2%となり、以前より改善されたとはいえ、携帯電話ショップのビジネスモデルの都合でオプションに加入させられるのを不快に思う人も多く見られました。3位には23.8%で「待ち時間が長い」が入り、週末など混雑する時期、機種変更や新規契約で待ち時間が長く疲れてしまったユーザーが多かったことが見受けられます。
 
今回の調査では利用者が4.9%にとどまりましたが、iPhone6の購入時には、必要なオプションだけを選択でき、時間を有効に使える、各キャリアのオンラインショップを利用するのも有効でしょう。

iPhone6はiPhone5s以上の大人気となること必至!

調査結果からは、スマートフォンの所有率が継続的に高まっており、なかでもiPhone人気が依然として高いことが読み取れます。今年9月にiPhone6が発売されれば、大ヒットモデルiPhone4sとiPhone5からの買い替えが多く見込まれ、iPhone5s以上の人気となることは間違いないでしょう。今年後半、iPhone6がどこまでシェアを伸ばすか、楽しみですね。
 
 
参照元:MMD研究所
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる