トップページ > iPhone6 > 複数のアナリストが予想、アップル次期iPhone6はWWDCで発表か

読了まで 326

複数のアナリストが予想、アップル次期iPhone6はWWDCで発表か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6
アップルの次期iPhone6がいつリリースされるのかは一切公表されず、直前になるまで秘密です。このためアナリストやアップル関連のブログサイトはいつリリースされるのかをそれぞれ予想しています。ここ最近では、2013年のiPhone5s / 5c、2012年のiPhone5のリリースは9月でしたが、iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4は6月にリリースされています。iPhone6は今年6月から9月の間にリリースされると予想されているのですが、これまでのアナリストの情報をまとめてみると次期iPhone6は6月のWWDCでリリースされるのではと予想されます。

昨年は大型ディスプレイが課題だった

次期iPhone6のリリース日については、1年以上前になりますが2013年2月にJefferiesのアナリストPeter Misek氏が投資家向けのレポートの中で以下のように述べています。
 

アップルは大画面ディスプレイを搭載したiPhoneを当初2014年夏にリリースすると予想していましたが、画面サイズが小さな4インチのままではマーケットシェアを失う懸念があるため、リリース時期を前倒ししようとしていました。最も早い時期では2013年の秋、10月を目標としていたようです。ところが、これをアップルのサプライヤーに確認したところ、4インチから4.8インチのスクリーンサイズのディスプレイを製造するには課題が残っており、難しいとのことでした。

インセルスクリーンの製造は5.5インチサイズでも依然課題か

同氏によると、4インチから4.8インチのインセルスクリーンの製造は歩留まり率が悪く、アップルの要求する基準を満たすことができなかった模様です。このため、2013年には大画面化したディスプレイを搭載したiPhoneは実現しませんでした。アップルは昨年のiPhone5s /5cで既に大画面化を検討していたことになります。結果的には大画面化したディスプレイを搭載するiPhoneは2014年のリリースに持ち越されることになります。

サプライヤーは2013年10月には既に次期iPhone6に着手

2013年10月にはCantor FitzgeraldのアナリストBrian White氏が、アップルは2014年の第2四半期(4月から6月)に約5インチの大画面化したiPhoneをリリースすると投資家向けのレポートの中で予想しています。同氏はサプライチェーンのベンダーとミーティングを行った際、サプライヤーは既に大画面化したiPhoneに着手しており、同氏は2014年の第2四半期から第3四半期にかけて次期iPhoneの出荷が可能となると確信したと述べています。
 
2013年11月にはSusquehanna International GroupのアナリストChris Caso氏は、冒頭のJefferiesのPeter Misek氏と同じ意見を述べており、特にリリースが6月であるとしています。また、大画面化したディスプレイをはじめ多くの機能を追加されることにより、価格が値上がりすることも予想しています。同氏の予想では、次期iPhone6では大画面化したディスプレイを搭載するほか、スクリーンにサファイヤガラスを採用するとしています。また、ソーラーパネルを使用したワイヤレス充電システムも採用すると予想しており、値上げはこれらが要因となると述べています。

サプライヤーは昨年よりも3カ月早く製造を開始

2014年2月にはInternational Business TimesがアナリストSun Changxu氏はアップルが次期iPhone6を6月に開催するWWDCで発表すると伝えていました。
 
多くのアナリストが次期iPhone6が6月にリリースされると予想していますが、これらの予想を裏付けるような情報もあります。4月にはMisek氏がアップルがiPhoneを扱う携帯電話会社と値上げについて交渉しており、次期iPhone6は100ドル程(約10,000円)値上げすることになると伝えています。また、さまざまなコンポーネントメーカーやサプライヤーは今年第2四半期から既に製造を開始しており、特にiPhone6の組立製造を担当する台湾のPegatronは、3月に非常に多くの従業員を採用していました。サプライチェーンは昨年と比較すると約3カ月ほど早いペースで進んでおり、実際iPhone5sでは2013年6月に行われた価格交渉は、今年は3月に行われており、筐体イメージやコンポーネントの画像のリークも昨年よりも早くなっています。また、Apple Storeではこれまでにない販売イベントをこの5月に全米のApple Storeで開催し、機種変更を促し在庫の調整を図った模様です。
 
もちろん、次期iPhone6のリリースは9月と予想するアナリストも数多くいますが、今回取りまとめたアナリストの予想では6月に次期iPhone6がリリースされてもおかしくないと思います。
 
 
参照元 : THE OBSCURE ANALYST
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる