トップページ > 使い方 テクニック > 【使い方】ひとつのiTunesを複数のPCで使用する方法

読了まで 216

【使い方】ひとつのiTunesを複数のPCで使用する方法

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

自分のPCのiTunesデータを他のPCで共有できたらいいのに」そう思ったことありませんか。原則的に、1つのiPhoneには1つのiTunesとPCしか同期できません。
 
別のPCにiPhoneを繋げ、iTunesを開こうとすると、

1

というアラートが表示され、「消去して同期」を押すと、データが全て上書きされてしまいます。
 
意外に知られていないのですが、実は家の中などの同じネットワーク内であれば、1つのiTunesのメディアライブラリを別のPCで共有することができるのです。それが、”ホームシェアリング”という機能です。
 

iPhoneは取扱説明書を見なくても簡単に操作することができ、そこも大きな魅力のひとつですが、実は更に便利に使い倒すための隠れた設定や、テクニックが沢山あります。そんな「iPhoneのテクニック」をわかりやすくご紹介するコーナーです。

ホームシェアリングとは?

複数のPCでひとつのiTunesを共有することができるホームシェアリング。共有できるのは、メディアライブラリ(ミュージック、ムービー、テレビ番組、App、その他)です。

設定方法

まず、ホームシェアリングを利用するには以下の条件が必要です。
 
・同じネットワーク内(Wi-fi)を使用できる
・同じApple IDでログイン
・最新バージョンのiTunes
 
【PC】

2

1:iTunesを起動し、「ホームシェアリング」を選択してログイン。
(※非表示になっている場合は、「ファイル」>「デバイス」>「ホームシェアリングを入にする」)
2:共有したいデバイスすべてで同じ様にログイン。
3:すると、「共有」の部分にそれぞれのメディアライブラリが表示されます。

 
【iPhone】

3

1:「設定」>「ミュージック」>「ホームシェアリング」部分にApple IDを登録。

 
以上で設定は終了です。最大5台でiTunesを共有することができます。

iPhoneやPCの容量を節約できる

家族内のPCに同じメディアデータを入れる必要がないので、容量を節約することができます。容量を節約でき、他のPCの容量を使用できるので、お得です。

PCを機種変した時にも大活躍

新しいPCを購入した時、いちいち音楽などをCDから落として入れ直したり、HDDにコピーして移行している方は、ホームシェアリングを利用しましょう。今まで利用してきたPCと新しいPCをホームシェアリングし、データをインポートすれば、すぐに新しいPCにデータが反映されます。
 
執 筆:nAmi

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる