トップページ > 最新情報 > 新Apple TVはタッチリモコン対応?ワクワク感の膨らむコンセプトデザイン登場!

読了まで 256

新Apple TVはタッチリモコン対応?ワクワク感の膨らむコンセプトデザイン登場!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple TV touch コンセプト
 
近々登場すると噂されているApple TVに、スタイリッシュなコンセプトデザインが登場しました。本体はiPhone5sを思わせるスタイリッシュなデザインで、付属リモコンはiPhoneのようにタッチ操作可能となり、映像の高画質化も進んでいます。

リモコン「Remote」がタッチ操作可能に!

この春にも登場すると噂されているApple TVについては、3Dモーションセンサーを搭載し、家庭用ゲーム機分野に進出する可能性も予想されています。ドイツのデジタル情報サイト、Curvedが発表したコンセプトデザイン「Apple TV touch」は、本体がiPhone5sのようなスタイリッシュなデザインとなっています。
 
Apple TV touch コンセプト
 
新しいRemoteは、iPhoneやiPodのようなタッチスクリーンを搭載しており、単体での動画配信やiTunesコンテンツの操作が可能となっています。Apple TV本体からのワイヤレス充電が可能となっており、スマートに充電が可能です。現行Apple TVと同様に、iPhoneから「Remote」アプリを使った操作も可能です。
 
Apple TV touch コンセプト
 
本体は、現行Apple TVよりも薄くなり、高級感あるデザインとなっています。カラーバリエーションはブラックとシルバー&ゴールドの2色です。
 
Apple TV touch コンセプト
 
現行Apple TVは、税抜9,800円と低価格でしたが、本体デザインの品質は正直、高級感があるとは言えないものでした。このデザインなら、部屋で目についても違和感がなさそうです。
 

Apple TV 2012

Apple TV 現行モデル

3Dセンシングとの融合でゲームがさらに魅力的に?

Apple TVには、Appleが昨年買収したPrimeSense社の3Dモーションセンサー技術を搭載するとの噂もあります。3Dモーションセンサーと、高性能リモコンが採用されれば、新しいApple TVはゲーム機としても強力な魅力を持つこととなるでしょう
 
Apple TV touch コンセプト
 
Remoteが、タッチセンサーに加えて、iPhoneのように加速度センサーを搭載すれば、コントローラーとしての機能が格段に向上します。任天堂「Wii」とはどう差別化するのか、気になります。
 

Apple TV touch コンセプト

現行Apple TVのリモコン「Remote」との比較


 
キャプチャー映像との組み合わせにより、ゲームコンテンツの可能性が膨らみそうです。iPhoneからも標準リモコンと同様に操作が可能となれば、大人数参加でのゲームも可能になるかもしれません。

A7チップで高品位映像再生に対応

Apple TVコンセプトは、次世代テレビ放送で採用されることから注目を浴びる4K映像再生や、高速伝送のHDMI2.0接続に対応しています。高品位映像処理を支えるのは、iPhone5sやiPad Airに採用されているA7チップです。
 
Apple TV touch コンセプト
 
2014年初に正式に規格化された、IEEE 802.11acのWi-Fiも採用し、6.93Gbpsの超高速通信が可能となっています。
 

Apple TV touch コンセプト

現行Apple TVより薄くなっている


 
発表されたのはコンセプトデザインで、実際のAppleによる開発とは関係がありませんが、このデザインのApple TVが部屋にあることを想像しただけでワクワクしますね。
 
 
参照元:Curved
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる