トップページ > iPhone5s > iOS7.1、iPhone5sユーザーにはうれしい自動HDRモード

読了まで 214

iOS7.1、iPhone5sユーザーにはうれしい自動HDRモード

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone5s
iPhoneやiPadの基本ソフトであるiOSがiOS7.1にアップデートされ、既にお持ちのiPhoneをアップデートされた方も多いと思います。今回、新たに導入されたCarPlay、SiriやiTunesRadio、またカレンダーアプリなどで新たな機能が追加され、ユーザーインターフェースも改善されいっそう使いやすくなっています。
 
日本で多くのユーザーが所有するiPhone5sではTouch IDの指紋認証機能も向上しましたが、カメラ機能で今まで手動でオンにする必要があったHDRモードが、設定で自動的にオンになる機能が追加されたのはiPhone5sのカメラをメインに使用し撮影している方には特にうれしいアップデートです。

カメラのHDRモードとは?

HDRとはHigh-Dynamic Rangeを意味し、Appleが名付けた機能なのですが、ユーザーが1回シャッターを押しただけで、iPhone5sが自動的に3回分の違った露出で撮影し、適正な露出を調整し、暗い部分とハイライトの部分の細部をつぶれないようにきれいに表現しれくれる機能です。
 
HDRモードはこれまでもiPhone5sのカメラに搭載されていましたが、ユーザーが撮影の際に手動でオンにする必要があり、シャッターチャンスを優先する場合にはなかなか使いにくかったと思います。

設定のHDR自動オンでiPhone任せ

今回のバージョンアップにより設定で常にオンにしておけば、iPhone5sがカメラセンサーとともに自動でHDRが必要かどうか判断し撮影してくれます。
 
例えば、晴れた明るい屋外ではコントラストが強く、暗部とハイライト部のダイナミックレンジが広すぎて、1回のシャッターではどうしても表現しきれなくなるのですが、HDRをオンにすればiPhone5sが内部で自動的に露出を調整してきれいな写真にしてくれます。逆に、HDRをオンのままで暗いところで撮影するとぼんやりとかすんだような写真になってしまいますので、オフにする必要があります。これまではHDRをユーザーがシチュエーションに合わせて手動で切り替える必要がありましたが、今後はこのようなことを考えずに、設定で常にオンにしておけば良いことになります。
 
HDRをオンにすると写真が2枚保存されて困る」という方は、「設定」>「写真とカメラ」>「通常の写真を残す」をオフにすれば、HDRの写真だけがiPhoneに保存され、容量の節約が可能です。
 
 
参照元:Cult of Mac
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる