トップページ > 最新情報 > 総務省、ドコモの「セット割」を解禁し「iPhone一括0円」を規制へ?

読了まで 230

総務省、ドコモの「セット割」を解禁し「iPhone一括0円」を規制へ?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

総務省が検討会開始、ドコモの「セット割」を解禁し「iPhone一括0円」を規制へ?
 
総務省は、2月26日に携帯電話を含む通信分野の法規制見直しに向けた検討会を開き、NTTグループの規制見直しをはじめ、スマホの通信料金や過熱する顧客獲得合戦について議論が行われ、11月をめどに意見がまとまる見込みです。

ドコモの「セット割」解禁なるか?

総務省が2月26日に初会合を開催した有識者検討会では、前回改正から3年経った電気通信事業者法の改正に向けた議論が行われます。なかでも、ドコモの携帯と固定回線の「セット割引」解禁に向けた議論が注目されます。
 

KDDIとソフトバンクは「セット割引」で攻勢

KDDIとソフトバンクは「セット割引」で攻勢


 
民営化されたとはいえ国有公社をルーツに持つNTTは、その巨大規模のため、多くの規制が課せられてきました。そのひとつが、携帯電話のドコモと、固定回線のNTT東西の「セット割」です。ライバルであるKDDIが「スマートバリュー」、ソフトバンクが「スマホBB割」「スマート値引き(一部地域のみ)」で攻勢をかける一方、ドコモはMNPでの顧客流出が続いていました。
 
ドコモの国内携帯電話シェアは、2002年度に55.9%と半数を超えていましたが、13年9月には40.9%まで低下し、すでに「独占企業」と言えないとの判断から検討が進められているようです。

クルマと通信の融合にも取り残されていたドコモ

ドコモには、グループ外企業との提携にも規制が課せられており、例えば自動車メーカーとも自由に提携できず、自動車と通信の融合という流れからも取り残されつつあります。
 
ホンダのカーナビ「インターナビ」にはソフトバンクが回線を提供し、リアルタイムの渋滞通行情報が取得可能なシステムを実現しています。今後一層の成長が期待できる分野へも、ドコモ参入の道が開けることとなります。
 

クルマと通信の融合にも取り残されていたドコモ

ホンダ「インターナビ」サービス
画像:ホンダ


 
総務省での議論の行方によっては、ドコモを縛る規制が緩和され、新たなサービスが提供される可能性があります。

「MNPでiPhone一括0円」が規制される可能性も?

検討会の会合では、スマホの通信料金に多様性を求める意見や、顧客獲得合戦での端末無償提供やキャッシュバックを問題視する意見も出たとのことです。
 
学割商戦が激化する今、MNP利用者向けに「iPhone 5s一括0円!」などの販売合戦が激化しています。ユーザーからは、2年ごとにMNPでキャリアを乗り換えるほうが、同一キャリアの長期間利用よりも割安になることに疑問の声が挙がっているのが事実です。
 
一般のスマホユーザーにとってメリットの多い、制度改革に向けた議論が尽くされることを期待したいですね。
 
 
参照元:日本経済新聞
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる