トップページ > iPhone6 > Apple、次期iPhone6で大画面化したQDディスプレイを採用か

読了まで 213

Apple、次期iPhone6で大画面化したQDディスプレイを採用か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone 6
次期iPhone6では従来の4インチのサイズから大画面化されるディスプレイが重要な機能となると予想されていますが、Appleはディスプレイのサイズを大きくするだけではなく、画像や動画をより鮮明に表現できるよう量子ドット(Quantum Dot)技術を採用したディスプレイを搭載するとForbesがレポートしています。

QDディスプレイは省電力、より明るく、長寿命

量子ドット(QD)技術はKindle Fire HDXにも採用されていますが、Amazonのように妥協することなく、Appleは次期iPhone6で正確に色を再現できるよう新しい方式を採用するようです。より美しく鮮明な色はもちろんですが、量子ドット技術を採用したQDディスプレイは省電力で、より明るい画面で、長寿命となります。さらにQDディスプレイはフレキシブルデバイスにも採用が可能となっています。
 
量子ドット技術はQDディスプレイに関する300以上の特許をもち、Samsungも出資をしているNanosysから供給を受けるのではないかと予想されています。Nanosysは次期iPhone6にQDディスプレイを搭載するかどうかは明らかにしていませんが、2014年にはスマートフォンから85インチの大画面TVなどのさまざまな機器に採用されると述べています。

QDディスプレイ搭載の最初のスマホは今年半ばに登場

NanosysのCEOであるJason Hartlove氏はForbesに対し、QDディスプレイを搭載した最初のスマートフォンは今年半ばに登場することになると述べており、これまでのうわさでは大画面化した次期iPhone6は今年夏ごろにリリースされるのではないかとの予想もありますし、今秋にファブレットと同時にリリースされるのではないかとの予想もあります。

Appleは既にQD関連の特許を取得

今回、Nanosysに関連してQDディスプレイが採用されるのではないかと予想されるのですが、Appleは既に18カ月前、量子ドット技術に関する特許を取得しており、QDディスプレイについてはこれまでも研究を続けていたと思われます。このことからも次期iPhone6でQDディスプレイを採用する可能性は非常に高いと予想できます。
 
今回、Forbesは次期iPhone6でAppleがQDディスプレイを採用しなかった場合には競合他社との比較において画面が大きいだけでは十分な差別化ができないとも指摘しています。
 
 
参照元:BGR
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top