トップページ > Apple Watch > サファイヤガラスはiPhone 6でなくiWatchに採用?台湾の製造関係者からのリーク情報

読了まで 26

サファイヤガラスはiPhone 6でなくiWatchに採用?台湾の製造関係者からのリーク情報

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

サファイヤガラスはiPhone 6でなくiWatchに採用?台湾の製造関係者からのリーク情報
 
サファイヤガラス製スクリーンはiPhone 6ではなく、iWatchに採用される模様です。台湾のサプライチェーン内部関係者からのリーク情報を中国のメディアが報じています。

iPhone 6にはサファイヤスクリーン採用なし?

Appleはアリゾナの工場でiPhone 6用に最大年間2億台分のサファイヤスクリーンを製造準備中と報じられているだけでなく、既にサファイヤ採用のiPhone 6が試作されているとの情報や、iPhone 6はボディ全体を傷に強いサファイヤで覆う、との情報もあります。いずれも、Appleの製造設備や特許情報を根拠にした情報でした。
 
iPhone 6用に最大年間2億台分のサファイヤスクリーンを製造準備中
 
しかし、中国のMyDriversやPCpopが報じた、台湾のサプライヤー関係者からのリーク情報ではアリゾナ州のサファイヤ工場で製造するのは、iWatch用の2インチサイズのスクリーンで、iPhone 6にはサファイヤガラスは採用されない模様です。

iPhoneに使うには高すぎるサファイヤの製造コストが問題か

iPhoneにサファイヤガラスが採用されない理由は、その製造コストが問題となっているようです。4.7インチや5.5インチに大画面化するといわれるiPhone 6にサファイヤガラスを使うと、販売価格が大幅に上昇してしまいます。
 
大型&曲面ディスプレイ。5.5インチはデカイ!
 
一方、画面の小さなiWatchであれば、サファイヤガラスを使ってもコスト上昇を抑えられるようです。事実、サファイヤガラスは多くの腕時計で使用されています。
 
その一方、年産iPhone2億台分のサファイヤ製造設備を必要とするほど、iWatchが大ヒットするとAppleが考えているのか?という疑問も生じます。非常に高い強度を持つサファイヤが採用されれば、iPhoneの画面が割れる心配からも解放されるだけに、ユーザーとしてはiPhone 6に(できれば低価格で)サファイヤを採用してほしいところです。
 
iPhoneにサファイヤガラス製スクリーンは採用されるのか?iWatchのデザインはどうなるのか?今後もAppleが送り出そうとしている新製品から目が離せません。
 
 
参照元:G4Games
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる