トップページ > 便利グッズ > 世界初!動いて充電するiPhoneでも使えるモバイル用バッテリー「nPower PEG」

読了まで 212

世界初!動いて充電するiPhoneでも使えるモバイル用バッテリー「nPower PEG」

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

nPower PEG
 
世界で初めて人の動きで充電することができるモバイル用バッテリーが発売されています。それがnPower PEGです。これならiPhoneのバッテリー残量を気にせずに電話やインターネットを楽しむことができます。万が一、iPhoneや別のモバイル用バッテリーを充電し忘れても通勤、通学中にnPower PEGが充電されるので安心です。

充電の仕組み

人が運動する時に発生する振動をエネルギーに変える仕組みで、本体に内蔵されているバッテリーが充電されるようになっています。
 
Hiker20Boots20Flat2
 
Bike20Flat
 
使い方も簡単でnPower PEGを縦になるように置くだけです。後は本体をカバンに入れて持ち歩いたり、自転車で移動するだけで発生した振動がエネルギーとなり、内蔵バッテリーが充電されます。
 

 

他にも充電方法を用意

nPower PEGへの急速な充電が必要な場合は、コンピュータのUSBポートや家庭用コンセントを使って充電できるそうです。外部電源などを使って充電できない環境にいる場合は、nPower PEGを10分間強く振ると短い時間の通話が可能なレベルまで内蔵バッテリーを充電できるそうです。
 
nPower PEG
 

気になるスペックとその価格

本体の大きさが27cm(L)×4cm(H)×5.2cm(W)、2000mAhリチウムイオンポリマーバッテリーを搭載しています。iPhone4で約75%、iPhone 5sで約60%~70%程度まで充電させることができるとサポート窓口で確認できました。重量は約400gと他のモバイル用バッテリーから見ると少し重いと感じると思います。
 
USB2.0規格で最大0.5Aの出力となるため、残念ながらiPadなどの充電はできないそうです。nPower PEGの価格ですが、直販サイトで定価22,050円で通常販売されていますが、ただいまセール中のようで18,900円(税込)となっています。
 
地震などで電気が供給されない状況になっても、nPower PEGがあれば携帯電話などの電池切れの心配はなくなります。これは防災グッズに加えておいた方がよいでしょう。
 
今後は、一般に市販されているモバイル用バッテリー程度の容量や高出力、重量削減など、様々な面でスペックアップが期待されるガジェットと言えるでしょう。
 
 
出 典:nPower PEG
執 筆:KSM

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる