トップページ > iPhone8 > Samsung、2018年のiPhone用A12プロセッサを受注、製造設備も購入か

読了まで 28

Samsung、2018年のiPhone用A12プロセッサを受注、製造設備も購入か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

A10
 
2018年のiPhoneに搭載される、7nmプロセスのA12プロセッサの一部をSamsungが受注した、と韓国メディアThe Korea Heraldが報じています。

OLED独占供給の強みを活かしAppleと交渉

The Korea Heraldによると、Samsungの共同最高経営責任者(CEO)の一人が、Appleの本社を6月に訪れ、iPhone8用有機EL(OLED)を独占的に供給する強みを活かしてAppleの役員と交渉した結果、2018年のiPhone用のプロセッサの一部を受注した模様です。
 
なお、Samsungは、TSMCが独占供給している現行のAシリーズプロセッサのサプライヤーとしては参入しない模様です。

現在のプロセッサはTSMCが独占供給

Samsungは最近、7nmプロセスでの製造用に用いる極端紫外線リソグラフィと呼ばれる製造装置を購入したと報じられています。
 
なお、現行のiPhone7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionプロセッサは16nmで、新しいiPad ProのA10X Fusionプロセッサは10nmプロセスで製造されており、2017年のiPhone8に搭載のA11プロセッサも10nmになると予測されています。

iPhone6sのA9では「チップゲート」騒動も

Appleは主要部品のサプライヤーを特定の1社に集中させず、2社以上に分散して発注する手法をとります。これは、製造上の問題発生時のリスク回避とともに、サプライヤー間の競合によってコストを下げる狙いがあると言われています。
 
しかし、iPhone8に搭載されるOLEDディスプレイを大量供給できるのは、OLEDの世界シェア95%を握るSamsungだけであり、LG Displayやシャープの量産体制が整うのは2019年頃と言われています。
 
2015年のiPhone6sでは、搭載されたA9プロセッサをめぐって、TSMC製搭載端末よりもSamsung製搭載端末のバッテリー消費が激しい、と指摘され「チップゲート」として話題になりました。その後、両社製のプロセッサに有意な差は見られない、とのテスト結果が公表されて騒ぎは収束しました。
 
 
Source:AppleInsider
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる