トップページ > 便利グッズ > 見えない物が見える!米軍向け技術を活用のiPhone 5s/5用熱感知カメラが発売!

読了まで 341

見えない物が見える!米軍向け技術を活用のiPhone 5s/5用熱感知カメラが発売!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

見えない物が見えちゃう?!米軍向け技術を活用のiPhone 5s/5用カメラが発売!
アメリカのFLIR Systems社が、iPhone 5s/5用のサーマル(熱感知)カメラ「FLIR ONE」の発売を発表しました。バッテリーを内蔵しており、iPhone 5s/5用のモバイルバッテリー内蔵ケースとしても使用可能です。同社によると、個人向けiPhone用サーマルカメラは世界初の商品とのことです。
 
2014年春に発売予定で、価格は350ドル以下の予定です。開発者向けのアプリも2014年3月までにリリースされる予定で、サーマルカメラを活用したiPhoneの使い方が広がりそうです。

バッテリーを内蔵、iPhoneに電源供給も可能

2.テレビで時々見かける、熱を映像化するカメラが、手元のiPhone 5s/5で実現

冷えた指だけ色が違う



テレビで時々見かける、熱を映像化するカメラが、手元のiPhone 5s/5で実現できます。iPhone用の暗視カメラなどと同様、今まで一般消費者が手にしにくかったテクノロジーがiPhoneと連携する機器が増えてきています。
 
FLIR ONE」は1400mAのバッテリー内蔵しており、2時間連続しての静止画・動画撮影が可能です。iPhoneに電源を供給すればiPhone 5s/5のバッテリーを50%延長するバッテリーとしても機能します。充電には付属のマイクロUSBケーブルを使用します。
3.1400mAのバッテリー内蔵しており、2時間連続しての静止画・動画撮影が可能
 
撮影したサーマルイメージは、iPhoneのカメラロールへの保存はもちろん、TwitterやFacebookやLINEなどに投稿することも可能です。
4.FLIR ONE背面
 
「FLIR ONE」はiOS 7がインストールされたiPhone 5s/5で動作し、重量は約90グラムです。iPhone 5sの重量が112 gなので、合計すると約200gとなります。バッテリー内蔵ケースの重量が80g程度なので、「FLIR ONE」特殊カメラとバッテリーを内蔵することを考えると、むしろ軽いと言えるかもしれません。
5.「FLIR ONE」はiPhone 5s/5で動作し、重量は約90グラム
 
撮影可能温度は0℃~100℃ですが、動作温度は0℃~45℃です。そもそも、iPhone自体の動作可能温度が0°〜35°Cなので、撮影に熱中して熱源に近づきすぎないよう注意する必要があります
 

発売は今年春、価格は約3万7000円

「FLIR ONE」2014年春に発売予定で、現時点での予定価格は350ドル(36,684円、約1ドル104.81円で換算)以下とのことです。同社Webサイトで登録しておけば、発売開始時にメールで知らせてくれるそうです。
 
現在のところ、日本への発送や日本での販売予定についての情報はありません。なお、Android端末の「FLIR ONE」も2014年中には発売予定とのことですが、対応端末は明らかにされていません。
 


6.コーヒーメーカー

コーヒーメーカー


 
カラーバリエーションはiPhone 5sと揃えたスペースグレー、シルバー、ゴールドの3色がラインナップされる予定で、本体に加えて充電用アイクロUSBケーブルとレザー風ケースが付属します。

米軍でも採用されている技術を投入、クリアな映像

FLIR Systems社は1978年に創業され、米軍のヘリコプター用熱感知カメラや、業務用機器としてのサーマルカメラを製造・販売してきた実績があります。同社にとって、「FLIR ONE」が一般消費者向け商品となります。
 
映像として捉えた輪郭などの情報と熱の分布を合成し、見やすいサーマルカメラ映像を実現する。同社独自の「MSXテクノロジー」を採用しており、見やすい映像が生成されます。MSXテクノロジーの効果を示す動画はこちらです。
 

アイデア次第で広がる使い方、アプリ開発キットも提供予定

「FLIR ONE」は熱だけでなく、湿気の感知も可能とのことで、家の水回りで気付かずに進行する漏水を確認するような使い方も可能です。
 


7.ソファにこぼれた水

ソファにこぼれた水


 
真っ暗でも動物の熱を感知できるので、アウトドアでのキャンプ中、野生動物を見つけたり、猛獣から身を守る安全確保にも役立つかもしれません。
8.暗闇でも動物を熱探知
 
冬場は「暖房をしているのに寒い」と感じる場合、室内から熱が逃げていることが原因と言われます。窓際や換気扇、コンセントから熱が逃げやすいとか。冷えている場所を映像で把握できるので、冷暖房の無駄を省くためのエコ活動にも利用可能です。

9.家の外観を撮影

家の外観を撮影


 
FLIR Systems社のWebサイトでは、暗闇に潜む犯罪者から身を守ったり、電子機器の異常発熱を感知する使い方も提案されていますが、使い方はユーザーのアイデア次第で無限に広がります。
10.暗闇に潜む犯罪者から身を守る
 
「FLIR ONE」用アプリ開発キットも2014年3月までに提供される予定とのことで、斬新なアイデアで「FLIR ONE」を活用するアプリが出てくるのも楽しみです
 
 
参照元:FLIR Systems
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top