トップページ > iOS > iPhoneが最新になる?iOSアップデートが必要な理由と注意点

読了まで 335

iPhoneが最新になる?iOSアップデートが必要な理由と注意点

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOSアップデートの注意点
 
iPhoneで利用できる最新バージョンのiOSは昨年11月にリリースされたiOS 7.0.4で、現在はiOS 7.1のテストが進んでいる模様です。iOS 7.1は多くの新機能が盛り込まれ、3月頃にリリースされると見られています。今後リリースされるiOS 8も見据えて、OSのアップデートについて知っておきましょう。

OSアップデートで後悔しないための対策を

iOS 7.1には、自動車との連携を実現する「iOS in the Car」のほか、操作や設定がしやすくなるなどの改善、バグの修正が予定されています。iOS 7.1は待ち遠しいですが、トラブルを経験する人もいます。
 
OSアップデート時のトラブル・後悔経験
インターネットコムとNTTコムリサーチによる、スマートフォンのOSアップデートに関する調査の結果によると、OSアップデート経験者のうち17.1%がアップデート時にトラブルを経験しています。iOSとAndroidの内訳は不明ですが、トラブルの内容は「電池の消耗が早くなった」、「アプリが使えなくなった」のほか、「起動しなくなった」という深刻なものも含まれています。アップデート経験者の26.7%が「OSをアップデートして後悔したことがある」と回答しているのも、トラブルが原因と考えて良さそうです。
 
トラブルを回避し、快適にOSをアップデートするための方法を考えてみましょう。

OSアップデートとは何?そのメリットは?

iOSに限らず、アプリやソフトウエアは、公開後も不具合を修正し、新たな機能を盛り込むための修正・改善が続けられます。修正版がまとまった段階でユーザーにお知らせが届き、新バージョンをダウンロードすることができるようになります。
 
「最初から不具合をなくして公表すればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、実際には世界中の何千万、何億人というユーザーが様々な環境(言語、設定、アプリ等)で使用するため、使用状況をすべて想定して開発するのは不可能です。そのため、公表後にアップデートで対応するのが通例となっています。2014年1月5日現在、iOSの最新バージョンは昨年11月にリリースされたiOS 7.0.4で、次は3月頃にiOS 7.1が公開されると言われています
 
iOSのバージョンの考え方
iOSのバージョンには、3つのレベルがあります。7.0.4の「7」は、大きな世代を意味し、iPhoneのニューモデル登場とあわせて新世代がリリースされています。iOSは6から7にメジャーアップデートと言われる世代交代により、画面デザインが大幅に変わり、高音質無料通話のFacetimeオーディオが可能になる等の大きな変更がありました。7.1の「1」の部分は、中規模な進化を表し、新たな機能への対応等が行われます。7.0.4の「4」の部分は、主に細かい不具合(バグ)修正のための更新が中心です。
 
一般的に、ソフトウエアは新しいバージョンほど改善されており、iOSは過去のアップデートでシステム安定性の向上、Wi-Fi接続不具合の修正やバッテリー持続時間の改善につながる修正をしています。原則としては、最新のバージョンを使うのがベストと言えます。

OSアップデート時のトラブルは?対策は?

OSのアップデート時に、トラブルが発生することもあります。代表的と言えるのが「バッテリーの減りが早くなった」というものです。特にiOS 6からiOS 7のようなメジャーアップデートでは、新OSに盛り込まれた新機能がデフォルトでオンになっているため、バッテリーの消費が早くなる場合があります。iOS 7の場合は使う時以外「AirDrop」をオフにするなど、設定を見直すことでバッテリーの持続時間を伸ばすことができます
 
新しいOSを入れたことで「遅くなった」「重くなった」と感じる場合もあります。これはOSの多機能化・大型化により高い処理能力が必要になり、旧機種の処理能力を超えてしまう場合があるためです。iOS 7の場合「視差効果を減らす」「プッシュ通知」の設定変更などで、バッテリー消費の改善と同時に少しは処理能力の負担を軽減できますが、劇的と言えるほどの効果はありません。
 
「視差効果を減らす」で処理負担を軽減
 
iOS 7はiPhone4以降へのインストールは可能ですが、快適に使うには2世代前がギリギリと考えられます。現在ならiPhone 4sがギリギリです。あまりに動きが重いと感じたら最新モデルへの買い替えを考えるのが良いでしょう。現在最新のiPhone 5sを利用している方はiOS 9リリースが買い替えの目安です。
 
アップデート中に「フリーズした」「動作しなくなった」というトラブルが発生することもあります。特に新OS公開直後の混雑時にWi-Fi経由でアップデートすると通信エラーが出てトラブルの原因となります。予防策として、iPhoneをUSBケーブルでPCにつないでバックアップとアップデートを行う等の方法でリスクを大幅に減らすことができます。
iPhoneをUSBケーブルでPCにつないでバックアップとアップデートを行う

最新の機能を快適に使うためにアップデートはお早めに

OSのアップデートを行うことで、システムが安定しWi-Fi接続など重要な機能が改善される場合も多くあります。新しいOSがリリースされたら、上記の対策をしっかり取ったうえで早めにアップデートすることをおすすめします。iOS 7.1のアップデートが楽しみですね。
 
 
参照元:インターネットコム
執 筆:hato

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる