トップページ > 最新情報 > Apple、ハッカーによる侵入を否定!iPhoneリモート初期化の脅迫にコメント

読了まで 231

Apple、ハッカーによる侵入を否定!iPhoneリモート初期化の脅迫にコメント

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone7 Plus ジェットブラック

 
ハッカー集団がAppleに対し、4月7日までに仮想通貨を支払わないと数億件のiCloudアカウントを消去し、多くのiPhoneをリモート初期化する、と脅迫している事件について、Appleは同社システムへの侵入の可能性を否定しました。

Apple、システムへの侵入の可能性を否定

ハッカー集団が入手したと主張しているデータが本物かどうかについて、Appleは公式にコメントしていませんが、米メディアFortuneに対し、「仮にデータが有効なものであったとしても、それはAppleのシステムから盗まれたものではない」と、同社システムへの侵入の可能性を明確に否定しました。
 

Appleの広報担当者は、Fortune に対し「Apple IDやiCloudを含む、Appleのシステムはいずれも侵入されていません。リストにあるメールアドレスとパスワードは、以前に侵入された外部のサービスから盗まれたものとみられます」と語っています。
 

リストの内容を知る関係者によると、リストにある多くのメールアドレスとパスワードの組み合わせは、ビジネスパーソンむけSNSのLinkedInから2012年に流出したものと一致する、とのことです。

Apple「アカウントへの不正アクセスを常に監視」

Appleの広報担当者はFortuneに対し、同社のユーザー情報保護の取り組みについて以下のようにコメントしています。
 

Appleは、ユーザーアカウントに不正なアクセスを防ぐため、常に監視しており、犯罪行為については政府機関と連携して対応しています。
 
アカウントへの攻撃を防ぐために、私たちはユーザーに強固なパスワードの使用、他アカウントとのパスワードの使い回しをしないこと、2ファクタ認証の使用を呼びかけています。

 
Fortuneは、ハッカー集団が主張する、多くのユーザーのiCloudアカウントやiPhoneがリモートで初期化される危険性は不明としながらも、Appleのアカウント管理状況を踏まえ、被害が出る可能性は低そうだ、と伝えています。

サイバー犯罪者が狙う、使い回しパスワード

多くのサイバー犯罪者は、他サービスで流出したパスワード情報を使って、アカウントへの侵入を試みます。これは、複数のサービスで同じパスワードを使い回すユーザーが多いことに目をつけているためです。
 
今回の事件が、私たちユーザーに直接の影響が出る可能性は低そうです。しかし、大切な情報を守るために、他サービスと同じパスワードの使い回しは避け、簡単に推測できないパスワードを設定、2ファクタ認証を使うようにしましょう。
 
以前、ハリウッドセレブのプライベートな写真が流出した事件や、日本でも人気女優らの個人情報が盗み見された事件の原因も、推測されやすいパスワードやパスワードの使い回しが原因とされています。
 

自分のアカウントが漏洩した情報に含まれていないか、チェックできるサービスも公開されています。

 
 
Source:Fortune
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる