トップページ > 最新情報 > 新作絵文字、使えるのはiPhoneユーザーの約8割。Androidでは4%だけ

読了まで 155

新作絵文字、使えるのはiPhoneユーザーの約8割。Androidでは4%だけ

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

絵文字問題

 
iPhoneとAndroidスマートフォンで、最近追加された新作絵文字を使えるユーザーの割合に大きな違いがあります。

Unicode9で追加された新作絵文字

iPhoneでは、12月に公開されたiOS10.2から、多くの絵文字が追加され、活用している方も多いのではないでしょうか。これらの新作絵文字は、コンピュータ類の文字コードを定める最新規格のUnicode9.0で追加されたものです。
 
一方、Androidは2016年10月公開のAndroid7.1でUnicode9.0の新作絵文字に対応しましたが、実際に使うことができるユーザーは、たったの4%です。
 
絵文字問題
 
つまり、Androidユーザーの96%は、最新の絵文字のメッセージは以下のように四角で表示されることとなります。
 
絵文字問題

違いは最新OSの利用率

この違いは、iOSはAppleが4年前の端末まで最新版へのアップデート対象としているのに対し、AndroidのOSアップデートは、端末のメーカーに委ねられていることによります。

 
絵文字情報サイトEmojipediaが、2017年1月にサイト訪問者のOS別割合を集計したところ、iOSでは84%が最新版のiOS10なのに対し、Androidでは最新版のAndroid7のユーザーは4%にとどまり、56%は2015年公開のAndroid6、40%はAndroid5以前のバージョンでした。
 
絵文字問題
 
ちなみに、Appleが公開した最新のバージョン別シェアでは、1月4日時点でiOS10が76%となっています。
 
なお、Googleが開発したPixelは、2年間のアップデート対応が予告されています。

 
 
Source:Emojipedia
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる