トップページ > Mac > 次世代Mac、ARMチップを搭載か〜macOS Sierraコードから判明

読了まで 221

次世代Mac、ARMチップを搭載か〜macOS Sierraコードから判明

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

macbook pro 2015
 
Appleは次世代Macに、現在搭載しているIntel製プロセッサではなく、ARMプロセッサを搭載することを検討しているようです。

macOS SierraのコードにARMチップの記述

ドイツメディアTechTastic.nlが、macOS Sierraのカーネルに、ARMチップをサポートすると記述したコードを発見しました。
 
普通に考えると、macOS SierraにARM対応の記述があるのは非常に不自然だ、とiDownloadBlogは指摘しています。というのは、2005年以降に発売されたすべてのMacが、Intel製チップを搭載しているからです。
 
そしてmacOS SierraにARMチップについての記述があるということは、年内にARMチップを搭載したMacが登場する可能性を意味します。

新ARMチップ、コード名は「Hurricane」か

macOS Sierraのカーネルには、「ARM Hurricane」ファミリーをサポートする、と記述されています。
 
現在のAMRの開発計画には「Hurricane」という名称は見られないことから、Appleが社内的に開発しているARMチップの開発コード名が「Hurricane」である、と見てよさそうです。
 
ちなみにiPhone5sが搭載し、64ビット化で話題を呼んだA7チップの開発コード名は「Cyclone」でした。A8のコード名は「Typhoon」、A9のコード名は「Twister」です。
 
macos-sierra-kernel-arm-strings

以前からあったMacがARMチップ搭載の噂

MacがiPhoneと同じくARMチップを搭載するという噂は、過去にも何度か浮上しています。
 
昨年1月には、Apple情報の正確さで定評のあるKGI証券も、2016年内にリリースされるMacのひとつには、Samsung製のA10Xチップが搭載されるとのレポートを発表しました。
 
A10チップの製造をTSMCが担っていることを考えると、Samsung製になるかどうかは怪しいところですが、次期MacがA10Xチップを搭載するという予想は、外れていないかもしれません。

Appleが設計、Intelが製造の可能性も

MacがApple設計のARMチップを搭載するようになれば、Appleは近年遅れ気味なIntelの開発ロードマップに依存しなくてもよくなります。そうすればiPhoneなどと同様、年に1度は新しいMacが登場することになるでしょう。
 
あるいはAppleが新ARMチップを設計、Intelが製造するという選択肢もありそうです。
 
 
Source:iDownloadBlog
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる