トップページ > 最新情報 > パリでのテロ事件実行犯、暗号化されたスマホを使っていなかった!

読了まで 153

パリでのテロ事件実行犯、暗号化されたスマホを使っていなかった!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

仏Apple、パリ事件受けAppleロゴをフランス国旗色に
 
昨年11月、パリで発生したテロ事件の捜査の過程で、犯行グループは、iPhoneのような暗号化されたスマートフォンを使っていなかったことがわかりました。テロ対策と暗号化に関する議論に一石を投じる可能性もあります。

パリテロ事件の実行犯、暗号化通信を使っていなかった!

昨年11月にパリで発生した連続襲撃事件の捜査において、犯行グループが使っていたのは、iPhoneのように通信が暗号化されたスマートフォンではなかった、とニューヨークタイムズ紙が報じました。
 
フランスの対テロ捜査当局によると、犯行グループは、契約不要で使えるプリペイド式携帯電話を定期的に交換して使い捨てており、例えば、実行犯の一人は、犯行の直前にアクティベートした携帯電話を使っていました。
 
犯行グループは、暗号化されたスマートフォンはもとより、Googleなどのインターネットサービスの利用も避けていた一方、パリの劇場襲撃事件の生存者は、実行犯が使っていたノートパソコンに「画面に奇妙な線がたくさん表示されていた」と証言しており、イスラム国が独自に開発した暗号化ソフトの存在も考えられます。

「プライバシーと国家」の論争に一石か

世界的にテロリズムの脅威が高まる中、アメリカのほかフランスイギリス中国など各国で、スマートフォンの暗号化を解読する方法を政府に提供することを義務付ける制度について、議論が巻き起こっています。
 
今回、捜査において明らかになった事実は、「プライバシーと国家の安全」をめぐる議論に一石を投じる可能性があり、FBIとAppleの攻防にも影響を及ぼすとなる可能性もあります。
 
 
Source:The New York Times via ArsTechnica
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる