トップページ > 最新情報 > 格安SIMの利用が1割超え、1番人気はOCNとの調査結果

読了まで 226

格安SIMの利用が1割超え、1番人気はOCNとの調査結果

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

SIMカード フリー素材
 
大手キャリアと比較して割安な料金設定で注目を集める格安SIMについて、国内でモバイルマーケティングを展開するMMD研究所は「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施し、その結果を公表しています。

格安SIMの利用率は11%

 
格安SIM
 
15歳~69歳の男女35,061名を対象に、格安SIMサービスの利用について聞いたところ、利用していると回答した人は11.5%となりました。
 
格安SIM
 
メインで利用している格安SIMサービスのうち1位はOCNモバイルONEで16.4%、次いで楽天モバイルが15.9%、IIJmioが11.3%となっています。

契約プランはデータプランがわずかにリード

 
格安SIM
 
格安SIMサービス利用者4,018名を対象に、メインで利用している格安SIMサービスの契約プランを聞いたところ、音声通話プランを利用しているとの回答が46.7%、データ通信プランを利用しているとの回答は53.3%となりました。
 
メイン端末での利用というよりは、サブ端末でデータ通信のみの役割を格安SIMに求めているユーザーがわずかに多いことが分かります。
 
格安SIM 格安SIM
 
また、音声通話プラン契約者1,875名が利用している格安SIMサービスは、楽天モバイルが最も高く21.9%、次いでOCNモバイルONEが11.3%、IIJmioが10.2%となりました。
 
その一方で、データ通信プラン契約者2,143名が利用している格安SIMサービスは、OCNモバイルONEが最も高く20.9%、IIJmioが12.2%、楽天モバイルが10.6%となり、顔ぶれは同じであるものの、やや順位が異なっています。
 
格安SIM
 
格安SIMの利用には、それを差し込むスマートフォンやタブレットモバイルルーターの存在が不可欠となります。格安SIMサービスを利用している人4,018名に「メインで利用している格安SIMを挿しているデバイス」を尋ねたところ、Androidスマートフォンが52.7%で最も高く、次いでiPhoneが23.2%、タブレットが13.4%、モバイルルーターが9.4%となりました。75.9%が格安SIMを挿しているデバイスは「スマートフォン」と回答しています。
 
格安SIM
 
さらに、格安SIMを挿しているデバイス別に、利用している格安SIMサービスを見てみると、Androidスマートフォン利用者の2,118名、iPhone利用者の931名は、楽天モバイルの利用が最も高く、タブレット利用者の540名、モバイルルーター利用者の377名は、OCNモバイルONEの利用が多いことが見て取れます。
 
格安SIMのチョイスに悩んでいる方は、これらの調査結果をぜひ参考にしてみてください。
 
 
Source:MMD研究所
(クロス)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる