トップページ > Apple Watch > Apple Watch、2016年のスマートウォッチ市場シェアは50%

読了まで 159

Apple Watch、2016年のスマートウォッチ市場シェアは50%

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Watch
 
2016年の世界スマートウォッチ出荷本数は2,830万本で、Apple Watchのシェアは49.4%に達するとの予想を、調査会社IDCが発表しました。

2020年までにAndroid Wearが躍進する

2016年のスマートウォッチOS別の出荷台数予測を見ると、1位はApple Watch(watchOS)で1,400万本、2位はAndroid wearで610万本、3位はTizenで320万本となっています。市場シェアはそれぞれ49.4%、21.4%、11.3%です。
 
しかし2020年までには、Android WearとRTOS(リアルタイムオペレーティングシステム。独立型ながらサードパーティーのアプリを動作するもの)が大幅にシェアを伸ばし、首位は37.6%でApple Watchが維持するものの、2位のAndroid Wearが35%と肉薄、3位のRTOSが10.1%のシェアを獲得すると、IDCは予測しています。

ウェアラブル市場をけん引するスマートウォッチ

またIDCによると、スマートウォッチとウェアラブルバンド(手首に巻くもの)を合わせた2016年の出荷本数は1億本に達し、2015年の7,220万本から大幅に増加する見通しです。その他の衣服型、メガネ型、イヤホン型などのウェアラブルも増えており、2016年の出荷個数は980万個となる模様です。
 
こうした腕時計型以外のスタイルも含めた、すべてのウェアラブル端末の2016年の出荷個数は、前年対比38.2%増の1億1,000万個、2020年には2億3,710万個に達するとIDCは見積もっています。
 
IDCは、これらウェアラブル市場全体のけん引力となっているのがスマートウォッチであり、今後はさらにユーザーインターフェースが使いやすくなり、専用のアプリが登場し、スマートフォンに匹敵する存在になるだろうと述べています。
 
IDC_smartwatch
 
 
Source:IDC
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top