トップページ > 最新情報 > Apple MusicでリミックスやDJミックスが聴ける~Dubsetと提携

読了まで 150

Apple MusicでリミックスやDJミックスが聴ける~Dubsetと提携

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

AppleMusic
 
Appleが米Dubset Media Holdingsとの提携を発表、これまで著作権上の理由からデジタル音楽配信サービスでは提供できなかったリミックスやDJミックスが、Apple Musicで楽しめるようになります。

独自技術でリミックス内の楽曲を識別

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の人気が上昇し、ユーザーによるリミックスが普及する一方、難しくなっているのが著作権の問題です。
 
Dubsetは「MixBank」と呼ばれる独自の技術によって、リミックスやDJミックスファイルを解析、ファイル内で用いられている音楽を識別し、レーベルとパブリッシャーにロイヤリティを支払っています。

音楽業界に新たな収益の道をひらくと期待

Dubsetのスティーブン・ホワイトCEOによれば、ひとつのミックスでも25~30曲を使っているのが一般的で、25~30のレーベル、2~10のパブリッシャーへのロイヤリティ支払いが発生するとのことです。Dubsetは現在、1万4,000以上のレーベルおよびパブリッシャーと提携しています。
 
今回のApple MusicとDubsetの提携により、これまでデジタル音楽配信サービスでは提供されなかったリミックスやDJミックスが、Apple Musicで合法に聞くことが可能になります。またレーベル側やDJおよびリミクサーにとっても新たな収益の道がひらけることを意味します。
 
ホワイトCEOはApple Musicを足掛かりに、世界に400以上ある音楽配信サービスと提携したいと語っています。
 
 
Source:Billboard
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる