トップページ > 最新情報 > 2015年のタブレット市場はキーボード着脱式が大幅な伸び

読了まで 225

2015年のタブレット市場はキーボード着脱式が大幅な伸び

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPad Pro 在庫調整
 
IT専門調査会社のIDC Japanは本日、2015年第4四半期および2015年国内タブレット市場実績値を発表しました。

2015年の国内タブレット出荷は前年比微増

IDC Japanの発表によれば、2015年通年のタブレット端末出荷台数は、前年比1.5%増の831万台となりました。
 
セグメント別に見ると、家庭市場向けは前年比2.1%増の589万台、ビジネス市場向けは同0.2%増の241万台で、市場の中心である家庭市場向けタブレットは需要を喚起しにくい状況にあり、またスマートフォンとの競合によって需要が減速し、タブレット市場全体が停滞した状態になったと分析されています。
 
国内でモバイルマーケティングを展開するMM総研の調査によれば、前年比8.4%の伸びという結果が出ていましたが、いずれにせよタブレット市場はやや飽和気味になっているということで間違いがなさそうです。

2015年第4四半期の出荷台数は前年比で1割を超える減

さらに心配な数値として、2015年第4四半期のタブレット端末出荷台数は、前年同期比14.3%減の222万台で、家庭市場向けは同0.5%減の173万台、ビジネス市場向けは42.3%減の49万台となっています。
 
IDC Japanは、ビジネス市場向けの大きなマイナス成長の主要因として、2014年第4四半期にあった教育市場向けの大型案件が2015年には無く、その反動が現れたことが挙げられるとしています。

「デタッチャブルタブレット」は好調

このような市場の流れに反して、「デタッチャブルタブレット」と呼ばれるキーボード着脱式のタブレットは非常に好調です。
 
2015年の出荷台数はデタッチャブルタブレットが121万台、通常のタブレットが709万台となっており、まだ通常のタブレットが約85%と大部分を占めていますが、その前年比成長率では、通常のタブレットの5.5%減に対して、デタッチャブルタブレットは80.0%増と大きく伸ばしています
 
IDC Japanはこの点について、高性能タブレットとキーボードを組み合わせることで、PCの置き換えやアドオンデバイスとして導入されている背景があると見ています。昨年暮れにはAppleもiPad Proを発売しているほか現地時間3月21日の発表会では9.7インチの小型iPad Proの発表も予想されており、こうしたデタッチャブルタイプは引き続き、ユーザーの人気を集めていくものと思われます。
 
タブレット 調査統計
 
このほか、2015年のタブレット端末出荷台数の上位5社はApple、ファーウェイ、エイスース、NEC Lenovoグループ、富士通となり、Appleは出荷台数が前年比4.5%減になりましたが、40.9%の高いシェアを維持しています。
 
 
Source:IDC Japan
(クロス)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top