トップページ > 最新情報 > 初期のiPhone試作品、iPodのようなダイヤル式だった!

読了まで 150

初期のiPhone試作品、iPodのようなダイヤル式だった!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPod
 
初期iPhoneのプロトタイプには、iPodのようなホイールがついていた、と元Apple役員のトニー・ファデル氏が明かしました。

初期iPhoneのプロトタイプはiPodのようなダイヤル式だった!

iPodの父」と呼ばれた元Apple役員で、スマートホーム企業NextのCEOでありGoogle Glassの責任者にもなった、トニー・ファデル氏がVenture Beatのロングインタビューに答え、その中でiPhone開発中の秘話を明かしています。
 
スティーブ・ジョブズ氏から伝えられたアイデアをもとに開発が始まったiPhoneは最初「iPod phone」とも呼ぶべき、iPodに通信機能をつけたものでした。これだと、電話する時は昔の黒電話のように、ダイヤルを回して数字を選ぶ必要があり、ボツとなってしまいます。
 
ジョブズ氏に「試し続けろ!」と言われた開発陣は、あらゆる方法を試し、ひょろ長い本体に多くのボタンを付けた試作品も作られました。
 
その後、マルチタッチスクリーンと出会うことで無事、iPhoneが生まれることとなりましたが、もしiPhoneがダイヤル式のままだったら、ここまで世界中でヒットすることもなかったでしょう

アイブ氏の本にも初期iPhone開発時の秘話

今回の話に出てきたものとは違いますが初期iPhoneのプロトタイプ画像を含むiPhone開発中の秘話は、Appleのデザイン最高責任者の真の姿に迫った書籍「ジョナサン・アイブ」にも紹介されていますので、興味がある方はどうぞ。
 
ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

 
 
Source:Ventrure Beat
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる