トップページ > 使い方 テクニック > 予定の時間を1分刻みと5分刻みで切り替えられる!iPhoneの標準カレンダーの小技

読了まで 25

予定の時間を1分刻みと5分刻みで切り替えられる!iPhoneの標準カレンダーの小技

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOSカレンダーに1分刻みで登録する
 
iOSの標準カレンダーは、スケジュールを登録する時刻の単位が5分刻みとなっています。大抵の予定は5分刻みでも問題はないと思いますが、1分刻みで予定を登録したい、あるいはいつのまにか1分刻みになっていて、5分刻みに戻したいという場合もあるのではないでしょうか。
 
そこで、iOSカレンダーの登録時刻を「5分刻み」と「1分刻み」に切り替えて、1分刻みで予定を登録する方法を紹介します。

登録時刻の単位を切り替える方法

 

1
「カレンダー」を開き、「+」をタップ
Tips カレンダーを分刻みに変更する

  • ホーム画面から「カレンダー」を起動します。そして右上の「+」をタップして、「新規イベント」の追加画面を表示します
  •  

    2
    「開始」をタップ
    Tips カレンダーを分刻みに変更する

  • イベントの開始時刻・終了時刻の項目で、「開始」をタップします
  •  

    3
    時計ドラムをダブルタップ
    Tips カレンダーを分刻みに変更する

  • 時間を設定するときはこの時計ドラムをスワイプして設定しますが、時計ドラム部分をダブルタップすると、5分刻みだった表示が1分刻みに変更されます
  • ダブルタップすることで「5分刻み」と「1分刻み」を切り替えることができます
  •  
    Tips カレンダーを分刻みに変更する

     
    この操作だけで、1分刻みと5分刻みを切り替えることができました!案外知られていないこの小技、電車や飛行機の到着時刻などを登録する時に活躍します。
     
    iOSカレンダーではほかにも、予定を登録した際に、目的地までの「移動時間」を自動で設定し、出発する時間にアラームを鳴らす機能があります。また、iOSカレンダーにGoogleカレンダーを同期することも可能で、予定管理がしやすくなるでしょう。ぜひ併せて使ってみてください。

    iOSカレンダーで物足りないときは

    iOS標準カレンダーには他にもいろいろと小技がありますが、もっと自分にあったカレンダーを使いたい!という人もいるでしょう。
     
    サードパーティ製のカレンダーアプリにも便利なものがたくさんあり、iOSカレンダーやGoogleカレンダーと同期できるアプリも多いです。これだ!と思うアプリを探してみてくださいね。

     
     

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる