トップページ > iPhone5s > iPhoneのTouch IDは◯◯を使えばパスされてしまうことが判明

読了まで 159

iPhoneのTouch IDは◯◯を使えばパスされてしまうことが判明

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Touch ID セキュリティ
 
Touch IDは、iPhone5s以降の機種に搭載されており、ユーザーのセキュリティを守る上で有用なサービスとして機能していますが、そのセキュリティ性能は一定のレベルではあるものの、簡単にパスされてしまうものであることが、ニュースメディア『Tech Insider』の報道で明らかとなりました。

粘土で指紋の型を作れば認証が通ってしまうことが判明

パスコードによるロックは、毎度認証の度にコードの入力が必要です。しかし、iPhoneに搭載されているTouch IDを使用すればそんな手間はかなり楽になり、ホームボタン上に指を置くだけで認証ができてしまうわけですからユーザーの支持率はかなり高いはずです。
 
しかし、『Tech Insider』はそのセキュリティがそこまで高くないことを動画付きで伝えています。まずは問題の動画を見てください。
 

via GIPHY

 

via GIPHY

 
この青いものは粘土(Play-Doh)で、1つ目の動画のように指紋を付けて、2枚目の動画のように何度か認証させれば、ロックは解除されてしまいます
 
この方法は、モバイルセキュリティ企業のVkanseeが発見したもので、同社によればiPhoneに搭載されているTouch IDは500ドット/インチという認証解像度であるため、このような簡単な解除方法が可能になってしまうようです。ちなみに、同社が製造した2,000ドット/インチという高い認証解像度であれば、この方法は通用しないとのことです。
 
Touch IDについては、登場した当初から寝ている隙に指を利用されてしまうケース(対策方法あり)など、その完璧でないセキュリティ性能が取り沙汰されることはありましたが、これほどまでに簡単に認証してしまうと困ってしまう人も多そうですね。皆様、くれぐれも指紋の管理にはお気をつけて。
 
 
Source:Tech Insider
(クロス)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる