トップページ > iPhone7 > Intel、iPhone7向けLTE通信モデムチップの3~4割を供給か

読了まで 148

Intel、iPhone7向けLTE通信モデムチップの3~4割を供給か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Intel_7360_LTE
 
2016年の発売が見込まれるAppleの「iPhone7」向けLTE通信モデムチップについて、Intelがその30%から40%を供給するとの情報が浮上しました。残りの60~70%はQualcommが供給すると見られています。

Qualcommへの依存度を減らす

証券会社CLSA Securitiesのアナリスト、Srini Pajjuri氏は、この動きはQualcommへの依存度を減らすのが目的であるものの、関係を完全に断ち切ろうとするものではなく、その翌年には再びQualcommの供給比率が増えるだろうと予測しています。
 
IntelがiPhone7の通信モデムチップを受注したという情報は、昨年10月に『Venture Beat』が報じています。同記事はIntelがLTE通信モデムチップ「XMM7360」供給準備のため、1,000人以上の人員を投入したと伝えていました。

iPhone7では通信速度がさらに高速化

Intelによれば、XMM7360はLTEでは下り通信速度最大450Mbps、上り最大100Mbpsを実現しています。iPhone6sは4G LTE-Advancedに対応、LTEでの下り通信速度が最大300Mbpsに達していますが(iPhone6は最大150Mbps)、もしiPhone7がIntelのXMM7360を搭載するなら、通信速度は大幅に高速化することになります。
 
現在iPhoneのLTE通信モデムチップは、すべてQualcommが供給しています。
 
 
Source:NDTV via MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる