トップページ > 最新情報 > 赤ちゃん1人がこの世に生を受けた時、iPhoneは2台売れている

読了まで 141

赤ちゃん1人がこの世に生を受けた時、iPhoneは2台売れている

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone 売り上げ
 
新たに生まれる赤ちゃんの数よりも多く、アップルが1日にiPhoneを売り上げるようになったのが4年前です。そして2016年現在、アップルは新生児の2倍もiPhoneを売り上げるまでに成長しています。

最大で2.28倍!

アップルが2015年に、2億3,140万台のiPhoneを売り上げたことは広く知られているところです。これを365で割って1日あたりに換算すると、iPhoneは毎日平均して63万3,963台売れていることになります。そして国際連合の統計によれば、1日に生まれる赤ちゃんの数は約360,000です。したがって、単純に比較するとiPhoneは新生児の1.76倍、毎日世に出ている計算になります。
 
もちろん新生児と異なり、iPhoneの売り上げは四半期ごとに波があります。したがって例えば7,480万台を売り上げた2016年第1四半期のみ比較すると、1日あたり821,978台売れたiPhoneは、新たに誕生した子どもの出生数に対して2.28倍となります。
 
このところiPhoneの売り上げが鈍化しつつあるというニュースを耳にしますが、さすがにここまでの勢いとあらば、どこかで落ち着くのも致し方ないのかも知れませんね。
 
 
Source:Cult of Mac
Photo:Tatsuo Yamashita/Flickr CC
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる