トップページ > iPhone SE > どれが本物に近い?3種類の「iPhone SE」コンセプト画像が公開!

読了まで 145

どれが本物に近い?3種類の「iPhone SE」コンセプト画像が公開!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhoneSE
 
Apple製品のコンセプトデザインで有名なMartin Hajek氏が、現時点までに「流出」している新4インチiPhoneの3つの主なデザインからレンダリング画像を作成、公開しています。

どこが違う?3種類のiPhone SE

Hajek氏がデザインのベースとしているのは、9to5Mac、 @onleaks、Curved.deが公開したiPhone SE(最近までiPhone5seとも言われていた)のCAD画像や設計図、コンセプトデザインです。
 
9to5Macが公開したのは、ケースメーカー経由で入手したというiPhone SEのCAD画像です。一方 @onleaksのSteve Hemmerstoffer氏は、サプライチェーンから入手したというiPhone SEの設計図をTwitter上で公開しました。Curved.deはリーク情報をもとに、コンセプトデザインを作成しています。
 
外観的には9totMac版はiPhone5sそっくりですが、エッジのみが曲線となっています。Curved.de版はiPhone6sのミニバージョン、 @onleaksは両者の中間といったところでしょうか。
 
では3種類のiPhone SEのどこが違うかを、じっくり確認してみてください。
 
iPhone SE
 
iPhone SE
 
iPhone SE
 
iPhone SE
 
iPhone SE
 
 
Source:Martin Hajek
(lunatic)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる