トップページ > 最新情報 > アップル、暗号化技術のプロを新たに雇用―FBIの機先を制す

読了まで 24

アップル、暗号化技術のプロを新たに雇用―FBIの機先を制す

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone fbi
 
アップルが25日、匿名性を保持するチャットアプリ「Signal」の開発者と雇用契約を結んでいることが明らかとなりました。

「Signal」の開発者を雇用

アップルが現在iPhoneロック解除問題でFBIと対立していることは周知の通りですが、モバイルセキュリティのあり方を考えるうえで、同問題を避けて通ることが出来ないのは確かです。バックドアを設けたが最後、FBI以外にも外国政府やハッカーなど、「好ましからざる」人物のターゲットになることは容易に想像がつきます。
 
それだけに、政府がなんと言おうが、アップルがセキュリティ向上の手を緩めるつもりがないことは明らかで、新たにアップルはエドワード・スノーデン氏も愛用しているとされるチャットアプリ「Signal」の開発者、Frederic Jacobs氏を雇い入れる予定であることが分かりました。

一層の暗号化技術向上が期待できそう


 
Jacobs氏のTwitterによると、今夏よりCoreOSセキュリティ・チームの一員としてインターンで働くことが決定したそうで、メッセージを盗み見ることが出来ない「Signal」の技術がどう活かされるのか、要注目と言えます。同氏は昨年、「Signal」のゴールは「iPhoneユーザーに強固な暗号技術テクニックをもたらすこと」であることと述べ、iOSへの親和性をアピールしていました。
 
時期が時期であるだけに、このような「大型新人」の雇用は否が応でも注目を集めることとなりますが、ひとまず6月に開催されるWWDCにてアップルがセキュリティ機能に対してどのような方向性を示すのか、要注目と言えます。
 
 
Source:BGR,cnBeta
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top