トップページ > 最新情報 > iPhoneとiCloudバックアップの暗号化を強化する開発が進行中!?

読了まで 219

iPhoneとiCloudバックアップの暗号化を強化する開発が進行中!?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone パスコード
 
ユーザーのセキュリティをめぐるFBIとの対立が注目されるAppleが、次期iPhoneとiCloudバックアップ用に、暗号化をさらに強化するための開発に取り組んでいる模様です。

ユーザーのセキュリティめぐりFBIと対立するApple、より強固な暗号化を開発中!

FBIや裁判所から出されたiPhoneの暗号化解除の要請Appleティム・クックCEOが断固拒否したことから、FBIとAppleの対立が世界的に注目を集めています。
 
そんな中、Appleは暗号化をさらに強化するための開発に取り組んでいる、と米メディアのニューヨークタイムズやフィナンシャルタイムズが報じています。
 
Appleは現在、iCloudバックアップとiPhone本体の暗号化技術を強化し、Apple自身にも侵入することのできないほど、強固な暗号化を実装するための開発を進めているようです。

iCloudバックアップのデータにはAppleもアクセス不可能に

現在も、iCloudバックアップは暗号化されていますが、暗号化を解除するための「鍵」となる情報はApple側に保存されています。これは、FBIなどの捜査機関がAppleに提供を求めれば、データが入手可能であることを意味します。
 
Appleは現在、iCloudバックアップの暗号化の「鍵」をiPhoneのハードウェアにひも付けることで、Appleですら暗号化を解除できないほど、強固な暗号化とするための開発に取り組んでいると伝えられています。

 
これにより、ユーザーがiCloudのパスワードを忘れてしまえば、自身のデータにアクセスできなくなってしまうため、この取り組みはユーザーの利便性とセキュリティという問題と背中合わせでもあります。

iPhone本体のセキュリティレベル向上の開発も進行中

FBIがAppleに要求し、ティム・クックCEOが「ガンのようなもの」と評した、iOSのロックを解除する特殊なソフトウェアを使ってもiPhoneのデータにアクセスできなくする技術についても、開発が進められています。
 
具体的な内容は不明ですが、有効なパスコードを使わずに新しいファームウェアが適用されるとデータが完全消去されるというものではないかと、米メディア9to5Macは伝えています。
 
この方法を実現するには、iPhoneのハードウェアが対応する必要があるとみられます。早ければ、3月の発表が噂される「iPhone5se」や、秋の発表が見込まれる「iPhone7」などのモデルで実装される可能性もあります。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる