トップページ > 最新情報 > Apple Payが中国でも利用可能に!全世界で5カ国目の対応

読了まで 150

Apple Payが中国でも利用可能に!全世界で5カ国目の対応

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Payロゴ
 
Appleは、電子決済サービス「Apple Pay」が正式に中国でもサービスをスタートしたと発表しています。

全世界で5カ国目の対応エリアに

Appleは2014年に初のApple Pay対応デバイスである「iPhone6/6 Plus」を発売して以降、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアと4カ国で同サービスの提供を開始してきましたが、このほど中国においてもサービスを開始したと発表しています。今後は、Apple Pay対応端末で、クレジットカードやデビットカードなどがデバイスに搭載されているNFC経由で利用することが可能となります。
 
Appleが中国でのApple Pay開始に伴い選んだ提携相手は「China UnionPay(=銀聯)」で、中国においてはクレジットカード/デビットカード市場を支配する企業です。最近では日本でも、多くのデパート等で導入されていることが確認できます。

先行するテンセントとアリババ

ただし、Appleにとって中国進出の夢は決して容易ではありません。
 
Apple Payのサービスがスタートした中国において、国民は先行して電子決済サービスをスタートしているテンセントやアリババの決済サービスを利用しており、Appleがこうした市場をどう崩せるのかに注目が集まります。

今後はフランスのほか、日本でも利用が可能に?

Apple Payは今回の中国に続いて、フランスでも利用が可能となるのではないかと、つい先日報じられたほか、日本でも2016年後半についにサービスがスタートするかもしれないと噂されています
 
 
Source:Apple
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる