トップページ > 最新情報 > インドの技術開発センターでは「マップ」を開発か―中国ではなくあえてインドの理由

読了まで 151

インドの技術開発センターでは「マップ」を開発か―中国ではなくあえてインドの理由

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

インド 研究開発センター アップル
 
インドに建設が予定されているアップルの技術開発センターですが、「マップ」アプリの開発を目的として作られることが分かりました。

主に「マップ」アプリを開発か

インドのハイデラバードにオープンが予定されているアップル技術開発センターは、これまで目的が明らかにされていませんでした。しかしインドメディアのIndia Timesが報じたところによると、150名のアップル社員が同社のアプリ「マップ」の開発にあたることが分かりました。
 
また、アップルと契約した現地企業も、同センター内で共同開発に携わることが判明しています。

中国ではなくあえてインドの理由

インドに同施設が建設されることが発表された際には、「なぜアップルの売り上げを支えている中国ではなくインドなのか」「中国は金を稼ぐ場所に過ぎないのか」という声が中国メディアを中心に指摘されていましたが、中国では同業他社との競争が苛烈を極めているため、今後シェアを維持することはできても拡大できそうにはないこと、優秀な人材確保にも苦労することなどから、設置が見送られたとされています。
 
一方で、インドでのiPhoneシェアは全体の1%に過ぎませんが、中国に比べればまだまだスマートフォン市場に成長の余地は残されていますし、技術都市ハイデラバードという土地柄、優秀な人材も確保できます。
 
そして何より、製品の製造・開発をインド国内で行うことで、輸入スマートフォンには11.5%の税金をかける同国の政策を回避できる可能性があります。今後のインドでの躍進に大きく期待したいところですね。
 
 
Source:Apple Insider, cnBeta
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top